お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-21 16:15
液晶と再帰性反射材を用いた球面上のQRコードによる光伝送方式
武田茂憲前田幹夫工学院大
抄録 (和) 我々は再帰性反射材で覆った球形の中継器に、光を常に当て続けることのできる海中の映像伝送システムの研究を進めている。これまでに、遠くで動く中継器の位置を知るのに、カメラで撮影した画像の処理技術が有効なことを示した。今回これを更に発展させ、2次元に配置した液晶と再帰性反射材とを組み合わせた双方向通信方式を提案する。実現の鍵と考える球面に貼ったQRコードを撮影した時の画像の歪みの補正技術の見通しについて述べる。 
(英) We are studying the underwater video transmission system which can keep applying light constantly to the spherical repeater covered with retroreflective sheet. We have shown that the processing technology of images captured by camera is effective to know the position of repeater moving far away. We propose a bi-directional communication method with liquid crystals arranged in two dimensions and retroreflective sheets. We discuss the prospect for correcting technology on distorted images when we shoot images of a QR code attached on a spherical surface of the repeater.
キーワード (和) 可視光通信 / 追尾機能 / 画像処理 / / / / /  
(英) Visible light communication / Tracking function / Image processing / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 6, BCT2019-31, pp. 33-36, 2019年2月.
資料番号 BCT2019-31 
発行日 2019-02-14 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2019-02-21 - 2019-02-22 
開催地(和) かんぽの宿 焼津 
開催地(英) Kanponoyado Yaizu 
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 液晶と再帰性反射材を用いた球面上のQRコードによる光伝送方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical transmission method by QR code on spherical surface with liquid crystal and retroreflective sheet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible light communication  
キーワード(2)(和/英) 追尾機能 / Tracking function  
キーワード(3)(和/英) 画像処理 / Image processing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂憲 / Shigenori Takeda / タケダ シゲノリ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 幹夫 / Mikio Maeda / マエダ ミキオ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-21 16:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-31 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会