お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-07 15:50
[依頼講演]RGBW画素配列を備える高透過透明OLEDディスプレイ
足立昌哉松本優子軍司雅和前田典久木村泰一加藤博文中西貴之長谷川 晃田畠弘志JDI
抄録 (和) 広い透過開口部を有するアクティブマトリクス型の透明OLEDディスプレイを試作した。より広い透過開口部を実現するため、画素回路は2つの隣合うサブピクセルで1つのトランジスタを共用する構成とした。また、赤色、緑色、青色に白色を加えた4色からなるサブピクセルを配置し、視感度の高い緑色と白色をそれぞれ視感度が低い赤色と青色と隣接させる画素配列とした。試作した透明OLEDディスプレイは78%の透過開口部を備え、白色換算の画素密度が163ppi、透過率は63%を達成した。また、このOLEDディスプレイでは白色OLEDを採用し、生産性を考慮して、いずれの層もファインメタルマスク(FMM)を使用せず成膜した。 
(英) A transparent active matrix OLED display which has high transmission opening has been fabricated. In order to expand the transmission opening, we have applied the original sub-pixel arrangement with one of transistor of pixel circuit to be used common two sub-pixels adjacent to each other. And we have adopted the four colors of Red, Green, Blue and White as sub-pixel colors. A prototype of the transparent OLED display demonstrated 78% transmission opening, 163ppi pixel density and 63% transmittance. In this prototype, we do not use fine metal masks for the all of OLED layer for manufacturability.
キーワード (和) 透明ディスプレイ / アクティブマトリクスOLED / サブピクセル配置 / / / / /  
(英) Transparent Display / Active matrix OLED / Sub-pixel layout / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 7, IDY2019-29, pp. 31-34, 2019年3月.
資料番号 IDY2019-29 
発行日 2019-02-28 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY SID-JC  
開催期間 2019-03-07 - 2019-03-07 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ディスプレイ技術シンポジウム2019 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2019-03-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RGBW画素配列を備える高透過透明OLEDディスプレイ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Highly Transparent OLED Display with RGBW Pixel Arrangement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 透明ディスプレイ / Transparent Display  
キーワード(2)(和/英) アクティブマトリクスOLED / Active matrix OLED  
キーワード(3)(和/英) サブピクセル配置 / Sub-pixel layout  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 足立 昌哉 / Masaya Adachi / アダチ マサヤ
第1著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 優子 / Yuko Matsumoto / マツモト ユウコ
第2著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 軍司 雅和 / Masakazu Gunji / グンジ マサカズ
第3著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 典久 / Norihisa Maeda / マエダ ヒサノリ
第4著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 泰一 / Yasukazu Kimura / キムラ ヤスカズ
第5著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 博文 / Hirofumi Kato / カト ヒロフミ
第6著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 貴之 / Takayuki Nakanishi / ナカシマ タカユキ
第7著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 晃 / Akira Hasegawa / ハセガワ アキラ
第8著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 田畠 弘志 / Hiroshi Tabatakeanako / タバタケ ヒロシ
第9著者 所属(和/英) (株)ジャパンディスプレイ (略称: JDI)
Japan Display Inc. (略称: JDI)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-07 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2019-29 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2019-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会