映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-12 11:15
実写映像と合成するジェスチャによる水流の制御
佐々木智弘床井浩平和歌山大
抄録 (和) 本研究では,ユーザーがインタラクティブに制御可能な水流を実写映像と合成する手法を開発した.この目的は人体周りに水流を発生させたり,その挙動を制御したりする,現実では不可能な映像表現をインタラクティブに行うことにある.提案手法はユーザーの動きをモーションキャプチャシステムにより取得し,それに合わせて任意の直径や速度を与えた水粒子を生成する.この水粒子の運動を重力加速度を含む振る舞いのパラメータにもとづいて求め,水流の形状は水粒子をmetaballとして用いてMarching Cubes法により形成する.また,この水流の見た目の表現には投影マッピングおよび屈折マッピングを利用する.提案手法はインタラクティブな速度で映像を生成することが可能であり,ゲームやVFXを用いたステージ演出に利用可能である. 
(英) In this research, we developed a method to synthesize interactively user-controllable water current with live-action video. This aim is to interactively perform visual expression that is impossible in reality, such as generating water flow around the human body and controlling its behavior. In the proposed method, motion of a user is acquired by a motion capture system, and water particles given arbitrary diameter and velocity are generated accordingly. The movement of this water particle is determined based on the behavior parameter including gravitational acceleration and the shape of the water flow is formed by Marching Cubes method using water particles as metaball. We also use projection mapping and refraction mapping for the visual representation of this water flow. The proposed method can generate video at interactive speed, and it can be used for stage presentation using games and VFX.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 流体 / 水流 / VFX / ビジュアルエフェクト / / /  
(英) Computer Graphics / fluid / water flow / VFX / visual effect / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 9, AIT2019-103, pp. 197-200, 2019年3月.
資料番号  
発行日 2019-03-05 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2019-03-12 - 2019-03-12 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2019(Expressive Japan 2019) 
テーマ(英) Expressive Japan 2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2019-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 実写映像と合成するジェスチャによる水流の制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Control of water flow by gesture to synthesize with live-action video 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 流体 / fluid  
キーワード(3)(和/英) 水流 / water flow  
キーワード(4)(和/英) VFX / VFX  
キーワード(5)(和/英) ビジュアルエフェクト / visual effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 智弘 / Tomohiro Sasaki / ササキ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学大学院システム工学研究科 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 床井 浩平 / Kohe Tokoi / トコイ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学システム工学部 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-12 11:15:00 
発表時間 135 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2019-103 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.197-200 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2019-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会