お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-16 14:30
ホタテガイ養殖のための画像計測手法の検討
石井彩室榎本洸一郎滋賀県立大)・戸田真志熊本大)・川崎琢真清水洋平三好晃治桒原康裕北海道立総研機構
抄録 (和) ホタテガイ養殖における養殖状況の定期調査や,出荷時のサイズ確認の際のサンプリング調査では,ノギスを用いた手作業で殻長や殻高が計測されているため,様々な問題がある.そこで本研究では,画像計測支援システムであるTouch De Measureにおいて,ホタテガイの形状特徴である,直線状の蝶番線を検出し,これを基準に,ホタテガイの殻長と殻高を計測するモジュールを開発した.16名の被験者でノギスを用いた計測と本システムでの計測との比較実験をし,ノギス計測との相対誤差率から本システムの計測精度が十分であること,507ピクセル$¥times$400ピクセルの画像中のホタテガイ10体を約24秒で計測できることを確認した.これらから,本システムの有用性を示すことができた. 
(英) In scallop aquaculture, periodical surveys of aquaculture status and sampling surveys at the time of shipment size confirmation because the shell length and shell height e are measured manually using a vernier caliper. In this study, we developed a system to measure the length and height of the scallops as module of “Touch De Measure” developed by Enomoto et al. Experiment to compare the measurement with the measurement in this system, and the error rate shows that the measurement accuracy of this system is sufficient, that 10 scallops in an image of 507 pixels $¥times$ 400 pixels can be measured in about 24 seconds.
キーワード (和) 画像計測支援 / タッチ教示 / サンプリング調査 / ホタテガイ / Hough変換 / 水産業 / /  
(英) Image measurement support / Touch teaching / Sampling survey / Scallop / Hough transform / Fishing industry / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 21, ME2019-88, pp. 23-26, 2019年7月.
資料番号 ME2019-88 
発行日 2019-07-09 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2019-07-16 - 2019-07-16 
開催地(和) 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像処理・マルチメディア情報処理・インタフェースとその応用, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2019-07-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホタテガイ養殖のための画像計測手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Image Measurement Method for Scallop Aquaculture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像計測支援 / Image measurement support  
キーワード(2)(和/英) タッチ教示 / Touch teaching  
キーワード(3)(和/英) サンプリング調査 / Sampling survey  
キーワード(4)(和/英) ホタテガイ / Scallop  
キーワード(5)(和/英) Hough変換 / Hough transform  
キーワード(6)(和/英) 水産業 / Fishing industry  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 彩室 / Amuro Ishii / イシイ アムロ
第1著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
Siga Prefectural University (略称: USP)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 洸一郎 / Koichiro Enomoto / エノモト コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
Siga Prefectural University (略称: USP)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 真志 / Masashi Toda / トダ マサシ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 総合情報統括センター (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: KU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 琢真 / Takuma Kawasaki / カワサキ タクマ
第4著者 所属(和/英) (地独)北海道立総合研究機構 (略称: 北海道立総研機構)
Hokkaido Research Organization (略称: HRO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 洋平 / Yohei Shimizu / シミズ ヨウヘイ
第5著者 所属(和/英) (地独)北海道立総合研究機構 (略称: 北海道立総研機構)
Hokkaido Research Organization (略称: HRO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 晃治 / Koji Miyoshi / ミヨシ コウジ
第6著者 所属(和/英) (地独)北海道立総合研究機構 (略称: 北海道立総研機構)
Hokkaido Research Organization (略称: HRO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 桒原 康裕 / Yasuhiro Kuwahara / クワハラ ヤスヒロ
第7著者 所属(和/英) (地独)北海道立総合研究機構 (略称: 北海道立総研機構)
Hokkaido Research Organization (略称: HRO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-16 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2019-88 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2019-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会