お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-20 11:30
A new 0.8um CMOS image sensor with low RTS noise and high full well capacity
Takuma HasegawaOVT Japan)・Kazufumi WatanabeY. Jay JungOVT)・Nagataka TanakaTakashi NakashikiryoOVT Japan)・Wu-Zang YangOVT Taiwan)・Alan Chih-Wei HsiungZhiqiang LinSohei ManabeVincent C. VeneziaLindsay A. GrantOVT
抄録 (和) 0.8μm画素ピッチ, 32メガのCMOSイメージセンサを開発したので報告する. 本稿では垂直転送ゲートを開発し, 画素レイアウトの再設計を行うことで1.2e-のノイズと5000e-の飽和特性を達成した. また, ランダムテレグラフノイズは0.9μm画素と比較して70%改善することに成功した. 
(英) This is a report of a new 0.8µm, 32 mega pixel CMOS image sensor (CIS) with OmniVision second-generation (Gen2) stacking technology. In this work, we re-designed a pixel layout and developed a vertical transfer gate (VTG) to achieve low noise and high full well capacity (FWC). The sensor achieved a total read noise of 1.2e-rms and a linear FWC of 5000e-. The random telegraph signal (RTS) noise was reduced 70% compared with that of a 0.9µm pixel. Other pixel performance improvements are also realized in this work.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / サブミクロンピクセル / RTSノイズ / 飽和電荷数 / / / /  
(英) CMOS image sensor / Submicron pixel / RTS noise / Full well capacity / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 31, IST2019-46, pp. 13-16, 2019年9月.
資料番号 IST2019-46 
発行日 2019-09-13 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893    Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2019-09-20 - 2019-09-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) イメージセンサおよび一般 
テーマ(英) Image Sensor , etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2019-09-IST 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A new 0.8um CMOS image sensor with low RTS noise and high full well capacity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) サブミクロンピクセル / Submicron pixel  
キーワード(3)(和/英) RTSノイズ / RTS noise  
キーワード(4)(和/英) 飽和電荷数 / Full well capacity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 琢真 / Takuma Hasegawa / ハセガワ タクマ
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. Japan (略称: OVT Japan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 一史 / Kazufumi Watanabe / ワタナベ カズフミ
第2著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Y. Jay Jung / Y. Jay Jung / Y. Jay Jung
第3著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 長孝 / Nagataka Tanaka / タナカ ナガタカ
第4著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. Japan (略称: OVT Japan)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中敷領 崇 / Takashi Nakashikiryo / ナカシキリョウ タカシ
第5著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. Japan (略称: OVT Japan)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Wu-Zang Yang / Wu-Zang Yang / Wu-Zang Yang
第6著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. Taiwan (略称: OVT Taiwan)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Alan Chih-Wei Hsiung / Alan Chih-Wei Hsiung / Alan Chih-Wei Hsiung
第7著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhiqiang Lin / Zhiqiang Lin / Zhiqiang Lin
第8著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 宗平 / Sohei Manabe / Sohei Manabe
第9著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) Vincent C. Venezia / Vincent C. Venezia / Vincent C. Venezia
第10著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) Lindsay A. Grant / Lindsay A. Grant / Lindsay A. Grant
第11著者 所属(和/英) * (略称: *)
OmniVision Technologies, Inc. (略称: OVT)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2019-09-20 11:30:00 
発表時間 30分 
申込先研究会 IST 
資料番号 IST2019-46 
巻番号(vol) vol.43 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数
発行日 2019-09-13 (IST) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会