お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-09 09:55
乗り物酔いが運転タスクにおよぼす影響
杉山大介棚橋重仁新潟大
抄録 (和) 段階的に導入される自動運転車において,運転手とシステムの間で運転操作を引継ぐことが想定される.このような条件下では,運転手が運転操作をせず進行方向の予測ができなくなることから乗り物酔いが発生することが予測される (Rolnick and Lubow, 1991; Feenstraet al., 2010).乗り物酔いが生じると認知機能が低下するため (Gresty et al., 2008),運転引継ぎ時の運転手の運転操作に何らかの影響を及ぼすことが考えられる.本研究では自動運転車の導入による新たな事故の発生を防ぐために,実験1では運転操作の有無と進行方向の予測の可否が乗り物酔いに与える影響を確認し,実験2および実験3では乗り物酔いを発症した運転手が運転を引継ぐ際の運転タスクへの影響を明らかにする.実験1では運転操作の有無と進行方向の予測の可否を組み合わせた4条件を設定し,自動車が走行する路上を模した視覚刺激をヘッドマウントディスプレイに呈示した.映像酔いの程度をSimulator Sickness Questionnaireと5段階の主観評価で計測した結果,運転操作がない条件で酔いの重症度が高かった. 
(英) In a self-driving car that is introduced in stages, it is supposed that the driving operation will be taken over between the driver and the system. Under such situations where the driver does not drive, it is predicted that motion sickness will occur because the direction of travel cannot be predicted (Rolnick and Lubow, 1991; Feenstraet al., 2010). When motion sickness occurs, cognitive functions decline (Gresty et al., 2008), and it may have some influence on the driver's performance when taking over. The purpose of this study is to prevent the occurrence of new accidents due to the introduction of self-driving cars. In Experiment 1, we confirm the effects of the presence or absence of operation and the possibility of predicting the direction of travel on motion sickness. In Experiment 2 and 3, we clarify the influence on the driving task when the driver who developed motion sickness takes over. In Experiment 1, we set four conditions that combined the presence or absence of operation and whether to predict the direction of travel, and presented a visual stimulus imitating the road on which the car travels on the head mounted display. As a result of measuring the severity of motion sickness using the Simulator Sickness Questionnaire and a five-level subjective evaluation, it was higher in the absence of operation.
キーワード (和) 自動運転車 / 乗り物酔い / 認知機能低下 / 運転タスク / / / /  
(英) Self-driving car / Motion sickness / Cognitive functions decline / Driving tasks / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 37, HI2019-81, pp. 41-44, 2019年11月.
資料番号  
発行日 2019-11-01 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2019-11-08 - 2019-11-09 
開催地(和) 近畿大学 
開催地(英) Kindai Univ. 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2019-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 乗り物酔いが運転タスクにおよぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of motion sickness on driving tasks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動運転車 / Self-driving car  
キーワード(2)(和/英) 乗り物酔い / Motion sickness  
キーワード(3)(和/英) 認知機能低下 / Cognitive functions decline  
キーワード(4)(和/英) 運転タスク / Driving tasks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 大介 / Daisuke Sugiyama / スギヤマ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棚橋 重仁 / Shigehito Tanahashi / タナハシ シゲヒト
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-09 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2019-81 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2019-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会