お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 14:05
[ポスター講演]ZnS:Cuナノ粒子を出発材料に使用した分散型無機EL素子について ~ フラックス添加によるPL, EL発光特性の向上 ~
猿田航己坂東秀真石垣 雅大観光徳鳥取大
抄録 (和) ZnS:Cu蛍光体を使用した分散型無機エレクトロルミネセンス(EL)の課題は, 輝度・発光効率の向上である. そのために, ZnS母体結晶へのCu+の高濃度付活, 発光起点CuxSの高密度生成が求められる. 本研究では, ZnS:Cuナノ粒子に微量のNaClやMgCl2をフラックスとして添加して焼成し, 更に焼成後のZnS:Cu蛍光体粒子の表面をHClで平滑化した. それらの効果により, フォトルミネッセンス(PL)とELの強度は大幅に増加した. EL素子の最高輝度は約120 cd/m2 (駆動周波数: 1 kHz) である. 
(英) For dispersive inorganic electroluminescent (EL) devices using ZnS:Cu phosphor, improvement of luminance and efficiency are required. To achieve both Cu+ high-concentration-activation into ZnS lattice and the CuxS high density-formation in the ZnS grain boundary, small amount of NaCl and/or MgCl2 was added as flax to ZnS:Cu nano-phosphor before firing. The surface of the fired ZnS:Cu phosphor was also smoothed by HCl treatment. Both photoluminescence (PL) and EL intensity is much increased by the flux and HCl treatment. Currently obtained EL luminance is about 120 cd/m2 at 1 kHz.
キーワード (和) 分散型EL / ナノ蛍光体 / ZnS:Cu / 液相合成 / フラックス / / /  
(英) dispersive type EL / nanophosphor / ZnS:Cu / liquid phase reaction / flux / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 鳥取大鳥取キャンパス 
開催地(英) Tottori Univ 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-EID 
会議コード 2020-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ZnS:Cuナノ粒子を出発材料に使用した分散型無機EL素子について 
サブタイトル(和) フラックス添加によるPL, EL発光特性の向上 
タイトル(英) Dispersive type EL devices prepared using ZnS:Cu nanophosphor 
サブタイトル(英) Improvement of PL and EL characteristics by adding several flux materials 
キーワード(1)(和/英) 分散型EL / dispersive type EL  
キーワード(2)(和/英) ナノ蛍光体 / nanophosphor  
キーワード(3)(和/英) ZnS:Cu / ZnS:Cu  
キーワード(4)(和/英) 液相合成 / liquid phase reaction  
キーワード(5)(和/英) フラックス / flux  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿田 航己 / Koki Saruta / サルタ コウキ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂東 秀真 / Shuma Bando / バンドウ シュウマ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 雅 / Tadashi Ishigaki / イシガキ タダシ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大観 光徳 / Koutoku Ohmi / オオミ コウトク
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 14:05:00 
発表時間
申込先研究会 IEICE-EID 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.1 
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会