お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-23 13:25
[ポスター講演]非常に小さな単眼運動視差により、数m以上の大きな奥行きを表現可能とする単眼DFD (Depth-fused 3D) 表示の奥行き知覚特性
岡本匡平水科晴樹陶山史朗徳島大
抄録 (和) 両眼では奥行き融合が困難な大きな奥行きを有するDFD (Depth-fused 3D) 表示でも,非常に小さな単眼運動視差によって奥行きが知覚可能な単眼DFD表示を提案し,広い奥行きが実現可能なことを検証した.単眼運動視差では,視差量を自由に適切な範囲に制御できるため,数mに及ぶ面間距離であっても奥行きを適切に知覚できる.その奥行き知覚に必要な視差量は,瞳孔径程度の2 mm – 6 mmまで低減でき,非常に小さな単眼運動視差で広い奥行きを知覚できることを明らかにした. 
(英) We have proposed large depth perception in DFD (Depth-fused 3D) display by using very small but continuous monocular motion parallax. In monocular motion parallax, disparity can be maintained to moderate level by controlling head motion width, resulting in depth fusion of front-rear gap is over 6 arcmin. which is fusion limit by binocular disparity. Large perceived depth over 90 arcmin. can be obtained only by very small amount of continuous motion parallax of 2-6 mm width around pupil diameters.
キーワード (和) 3D / DFD表示方式 / 単眼運動視差 / / / / /  
(英) 3D / DFD (Depth-fused 3D) Display / Monocular Motion Parallax / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 1, IDY2020-6, pp. 17-20, 2020年1月.
資料番号 IDY2020-6 
発行日 2020-01-16 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 鳥取大鳥取キャンパス 
開催地(英) Tottori Univ 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2020-01-IDY-EID-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非常に小さな単眼運動視差により、数m以上の大きな奥行きを表現可能とする単眼DFD (Depth-fused 3D) 表示の奥行き知覚特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Monocular Depth Perception by Very Small Monocular Motion Parallax in DFD (Depth-fused 3D) Display with Very Large Depth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3D / 3D  
キーワード(2)(和/英) DFD表示方式 / DFD (Depth-fused 3D) Display  
キーワード(3)(和/英) 単眼運動視差 / Monocular Motion Parallax  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 匡平 / Kyohei Okamoto / オカモト キョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiro Suyama / スヤマ シロウ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-23 13:25:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2020-6 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会