お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 09:35
入力振幅比制御型指向性可変円偏波アレーアンテナの設計
岩本大輝西山英輔豊田一彦佐賀大
抄録 (和) 本稿では,入力振幅比制御型指向性可変アレーアンテナの構成に縮退分離型円偏波素子を適用した指向性可変円偏波アレーアンテナを提案する.本アレーアンテナは,平面型マジックTを用いた2重給電回路と4つの円偏波アンテナ素子で構成されており,2つの入力信号の振幅比を変えることによりビームの放射方向を制御するものである.提案アンテナの設計を行い,シミュレーションによりアンテナ特性を検証した.その結果,良好な円偏波励振と指向性制御が可能であることを確認した. 
(英) This paper proposes a beam steering circularly polarized (CP) array antenna which employs input amplitude control beam-steering mechanism and perturbation technique. The proposed array antenna consists of four single-feed CP microstrip antenna elements with truncated corners and a dual-feed network using planar magic-Ts. Its directivity can be controlled by changing the amplitude ratio of two input signals. In this paper, the proposed array antenna is designed and numerically evaluated by using electromagnetic simulation. Good CP excitation and beam steering function were confirmed.
キーワード (和) 指向性可変アンテナ / 円偏波 / マジックT / 入力振幅比制御 / / / /  
(英) Beam Steering Antenna / Circular Polarization / Magic-T / Input Amplitude Control / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 2, BCT2020-12, pp. 43-46, 2020年1月.
資料番号 BCT2020-12 
発行日 2020-01-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島市山下町5-3) 
開催地(英)  
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 入力振幅比制御型指向性可変円偏波アレーアンテナの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of a Beam Steering Circularly Polarized Array Antenna with Input Amplitude Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 指向性可変アンテナ / Beam Steering Antenna  
キーワード(2)(和/英) 円偏波 / Circular Polarization  
キーワード(3)(和/英) マジックT / Magic-T  
キーワード(4)(和/英) 入力振幅比制御 / Input Amplitude Control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 大輝 / Daiki Iwamoto / イワモト ダイキ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 英輔 / Nishiyama Eisuke / ニシヤマ エイスケ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 一彦 / Toyoda Ichihiko / トヨダ イチヒコ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 09:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-12 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会