お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 11:10
次世代地上テレビジョン放送に向けた信号帯域幅拡張に関する検討 ~ 親局級送信機を用いた現行放送の受信への影響に関する基礎実験 ~
白井規之佐藤明彦岡野正寛土田健一NHK
抄録 (和) 地上波による4K・8K放送サービスの実現に向けて,NHKでは地上テレビジョン放送方式の高度化の検討を進めている.検討している方式の信号帯域幅は,伝送容量拡大を目的に地上テレビジョン放送で使用している5.57MHzから5.83MHzに拡張されている.信号帯域幅を拡張した信号を地上テレビジョン放送が使用しているUHF帯で送信するためには,既存の地上テレビジョン放送の受信への干渉の影響を与えないことが必須である.そこで,検討している方式に対応した変調装置および送信出力1kWの親局級送信機を使用し,実際の送信信号を妨害波として,地上テレビジョン放送の市販受信機への影響を調査した.評価に使用したすべての受信機で地上テレビジョン放送の混信保護比を満足することを確認した. 
(英) NHK has been developing the advanced ISDB-T system for 4K·8K services of terrestrial broadcasting. In order to increase the transmission capacity, the signal bandwidth of the advanced system is extended from 5.57MHz to 5.83MHz. To transmit the signal with 5.83MHz bandwidth in the UHF band occupied with current terrestrial broadcasting, it is mandatory to avoid interference with current terrestrial broadcasting. Therefore, we investigated the maximum permissible levels of interference caused by the signal with 5.83MHz bandwidth using the advanced ISDB-T modulator and terrestrial TV transmitter. The result shows that the values meet the protection ratio.
キーワード (和) 地上テレビジョン放送 / 帯域幅 / 干渉 / 混信保護比 / スペクトルマスク / / /  
(英) DTTB (Digital Terrestrial Television Broadcasting) / Bandwidth / Interference / Protection Ratio / Spectrum Emission Mask / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 2, BCT2020-16, pp. 59-62, 2020年1月.
資料番号 BCT2020-16 
発行日 2020-01-16 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 宝山ホール(鹿児島市山下町5-3) 
開催地(英)  
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代地上テレビジョン放送に向けた信号帯域幅拡張に関する検討 
サブタイトル(和) 親局級送信機を用いた現行放送の受信への影響に関する基礎実験 
タイトル(英) A study on Bandwidth Extension for Advanced ISDB-T 
サブタイトル(英) Experimental Results for Protection Ratios of ISDB-T Signal Interfered with by Advanced ISDB-T Signal Using Terrestrial TV Transmitter 
キーワード(1)(和/英) 地上テレビジョン放送 / DTTB (Digital Terrestrial Television Broadcasting)  
キーワード(2)(和/英) 帯域幅 / Bandwidth  
キーワード(3)(和/英) 干渉 / Interference  
キーワード(4)(和/英) 混信保護比 / Protection Ratio  
キーワード(5)(和/英) スペクトルマスク / Spectrum Emission Mask  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 規之 / Noriyuki Shirai / シライ ノリユキ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida / ツチダ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-16 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会