お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-08 13:45
制約条件付凸最適化問題の非双対解法と画像処理逆問題への応用
遠藤隼人工藤博幸筑波大
抄録 (和) 本研究では,制約条件つき凸関数最適化問題を厳密に解く際に従来必要とされていた双対変数等の道具を用いない非双対解法の開発を目的とする.本論文では近似解を求めることができる近接勾配法に2つの改良を加えることによって得られる,近接勾配法と同様に双対変数を用いずにかつ厳密解を求めることができる新型近接勾配法を提案する.また,提案手法を画像のインペインティング問題,ノイズ除去問題に適用し,画像処理逆問題での有用性を調べる実験を行う.実験の結果画像処理逆問題において,提案手法が非双対手法でありながら,従来の双対手法に匹敵する性能であることが確認できた. 
(英) The purpose of this study is to develop a non-dual algorithm that does not use tools such as dual variables, which are required in the past to solve the constrained convex optimization problem exactly. In this paper, we propose a new proximal gradient method that can be obtained by adding two improvements to the proximal gradient method that can obtain an approximate solution. This method does not use dual variables like the proximal gradient method, and can find exact solutions. We apply the proposed method to image inpainting and denoising problem, and conduct an experiment to examine its usefulness in inverse image processing problem. It is confirmed that the proposed method is a non-dual method but has performance comparable to the conventional dual method.
キーワード (和) 画像処理逆問題 / 近接勾配法 / 非双対解法 / 厳密解 / / / /  
(英) inverse image processing / proximal gradient method / non-dual method / exact solutions / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 4, ME2020-16, pp. 55-56, 2020年2月.
資料番号 ME2020-16 
発行日 2020-02-01 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2020-02-08 - 2020-02-08 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin University 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2020-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 制約条件付凸最適化問題の非双対解法と画像処理逆問題への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-dual solving method of constrained convex optimization problem and its application to inverse image processing problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像処理逆問題 / inverse image processing  
キーワード(2)(和/英) 近接勾配法 / proximal gradient method  
キーワード(3)(和/英) 非双対解法 / non-dual method  
キーワード(4)(和/英) 厳密解 / exact solutions  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 隼人 / Hayato Endo / エンドウ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Unicersity of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 博幸 / Hiroyuki Kudo / クドウ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Unicersity of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-08 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2020-16 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.55-56 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-ME-2020-02-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会