お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-27 11:10
背景の輝度分布がコントラスト感度関数に与える影響
早坂美咲山形大)・永井岳大東工大)・佐藤智治一関高専)・田代知範山内泰樹山形大)・栗木一郎東北大
抄録 (和) 従来のコントラスト感度関数(CSF)は,背景輝度に完全に順応した状態で測定される場合がほとんどであり,日常の環境のように多彩な輝度を同時に含むシーンにおける感度特性を反映しているか不明である.本研究では,様々な輝度成分を同時に含む背景上におけるCSFを心理物理実験により測定した.実験では,平均輝度や輝度レンジが異なる様々な輝度分布を持つ順応背景上に,ペデスタルとなる小さな一様輝度背景(輝度5種類)とガボール刺激を呈示した.ペデスタル輝度間でCSFを比較すると,低空間周波数の感度は順応背景の平均輝度付近のペデスタルで最も高くなるが,このようなペデスタル輝度による影響は高空間周波数では見られなかった.この結果は,背景の輝度分布に対する感度最適化特性がターゲットの空間周波数により異なることを示唆する. 
(英) In classical studies, contrast sensitivity functions (CSFs) were measured under full adaptation to a uniform background. Thus, it is unclear whether they reflect sensitivity characteristics in a scene with variegated luminance such as our daily life environment. Here, we psychophysically investigated the effects of the dynamic range widths of the textured background on CSFs. The test stimulus was a Gabor patch on a uniform rectangle pedestal, whose luminance was randomly chosen from five levels in each trial. The background was either of horizontal textures with different luminance dynamic range widths. In the results, the sensitivity was maximum at the pedestal luminance close to the mean luminance of the background for lower spatial frequency targets, but not for higher spatial frequency targets. These results suggest that the mechanisms of sensitivity optimization to the background luminance distributions differ among spatial frequencies of target stimuli.
キーワード (和) コントラスト感度関数 / 輝度 / 空間周波数 / 順応 / 心理物理学 / / /  
(英) Contrast sensitivity function / Luminance / Spatial frequency / Adaptation / Psychophysics / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 6, HI2020-27, pp. 157-162, 2020年2月.
資料番号 HI2020-27 
発行日 2020-02-20 (MMS, HI, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI IEICE-IE IEICE-ITS MMS ME AIT  
開催期間 2020-02-27 - 2020-02-28 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2020-02-HI-IE-ITS-MMS-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 背景の輝度分布がコントラスト感度関数に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Contrast sensitivity functions measured on luminance-variegated background 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コントラスト感度関数 / Contrast sensitivity function  
キーワード(2)(和/英) 輝度 / Luminance  
キーワード(3)(和/英) 空間周波数 / Spatial frequency  
キーワード(4)(和/英) 順応 / Adaptation  
キーワード(5)(和/英) 心理物理学 / Psychophysics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早坂 美咲 / Misaki Hayasaka / ハヤサカ ミサキ
第1著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 岳大 / Takehiro Nagai / ナガイ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 智治 / Tomoharu Sato / サトウ トモハル
第3著者 所属(和/英) 一関工業高等専門学校 (略称: 一関高専)
National Institute of Technology, Ichinoseki College (略称: NIT, Ichinoseki College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 知範 / Tomonori Tashiro / タシロ トモノリ
第4著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 泰樹 / Yasuki Yamauchi / ヤマウチ ヤスキ
第5著者 所属(和/英) 山形大学 (略称: 山形大)
Yamagata University (略称: Yamagata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗木 一郎 / Ichiro Kuriki / クリキ イチロウ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-27 11:10:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-MMS2020-27,ITE-HI2020-27,ITE-ME2020-55,ITE-AIT2020-27 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-MMS-2020-02-20,ITE-HI-2020-02-20,ITE-ME-2020-02-20,ITE-AIT-2020-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会