お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 12:25
電波時計の時刻校正に関する研究
岩月駿弥沢井淳志荒川貴洸都竹愛一郎名城大
抄録 (和) 標準電波JJYは,九州のはがね山と福島県のおおたかどや山の2か所にある送信所から日本中に送信されている.そして,電波時計は,この標準電波JJYを用いて時刻校正を行っている.しかし,鉄筋コンクリート造の建物内や地下室など,受信C/Nが劣化している環境では時刻校正が出来ない場合がある.よって,そのような環境においても時刻校正が可能な,高性能な電波時計を開発することは重要である.本研究では,標準電波JJYの電界強度と位相を3軸ループアンテナを用いて長期にわたり測定し,その電界強度と雑音強度から受信C/Nや到来方向を求め,電波時計の設置方向と時刻校正の成功確率の関係について検討した. 
(英) The standard time and frequency transmission JJY is a radio wave to supply the standard frequency and JST throughout Japan. The radio controlled clock may not be able to correction the time when the receiving C/N is degraded by the condition of the propagation. Therefore it is important to reveal radio wave propagation of the standard frequency wave to develop a high performance radio clock. In this paper, we describe the results of long term measurement of the field strength of the JJY and the calculation results of the amplitude probability distribution. We also mention the direction of arrival of the JJY waves by using an orthogonal tri-axial loop antenna.
キーワード (和) 標準電波JJY / 長波 / 電離層 / 電波時計 / 振幅確率密度 / 累積確率密度 / /  
(英) standard radio wave JJY / LF / ionosphere / radio clock / amplitude probability distribution / cumulative probability distribution / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 7, BCT2020-31, pp. 1-4, 2020年3月.
資料番号 BCT2020-31 
発行日 2020-02-27 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) 琉球放送RBCホール 
開催地(英) RBC Hall 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波時計の時刻校正に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of time adjustment of the radio controlled clock 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 標準電波JJY / standard radio wave JJY  
キーワード(2)(和/英) 長波 / LF  
キーワード(3)(和/英) 電離層 / ionosphere  
キーワード(4)(和/英) 電波時計 / radio clock  
キーワード(5)(和/英) 振幅確率密度 / amplitude probability distribution  
キーワード(6)(和/英) 累積確率密度 / cumulative probability distribution  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩月 駿弥 / Shunnya Iwatsuki / イワツキ シュンヤ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 沢井 淳志 / Atsushi Sawai / サワイ アツシ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 貴洸 / Takahiro Arakawa / アラカワ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 都竹 愛一郎 / Aiichiro Tsuzuku / ツヅク アイイチロウ
第4著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 12:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-31 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会