お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 13:35
空間光変調器を用いたQRコードによる光伝送方式の提案
青山大河矢野裕也武田茂憲前田幹夫工学院大
抄録 (和) 我々は、再帰性反射材で覆った球形の中継器を経由して、海中で撮影した映像をライブ伝送するシステムの研究を進めている。これまでに、中継器を再帰性反射材で覆うことにより、可視光による中継器の追尾が容易となることを示した。しかし、洋上の船から撮影に関する指示等の情報を潜水艇に送るには、映像とは反対方向に情報を送るための多数のLEDが必要で、消費電力の改善が課題であった。そこで今回、2次元に分割した分散ネットワーク型液晶シートを再帰性反射材の上に貼り、映像用の光信号を指示に関する情報で強度変調して潜水艇に送り返す伝送方式を提案する。目標とするQRコード規模の空間光変調器の実現に向けて、11行11列のスイッチ可能な素子の試作にし、マイクロQRコード伝送に成功したので報告する。 
(英) We are studying on a live video delivery system that carries images taken in the sea via a spherical repeater covered with some retro-reflective sheet. We have shown that retroreflectors help an optical transmitter track the repeater with visible light easier. However, we need lots of LEDs to send information for instruction on camera shooting from a ship on the ocean to the submarine, that is in the opposite direction to the image, and the improvement of the power efficiency had been an issue. We propose a spatial light modulator that has pieces of divided PNLC into vertically and horizontally and the retroreflective sheet. Realizing a target spatial optical modulator with a QR code scale, we succeeded in producing a switchable element with 11 ×11 patches, sending a micro QR code.
キーワード (和) 海中可視光伝送 / 再帰性反射材 / ポリマーネットワーク液晶 / 空間光変調器 / / / /  
(英) Underwater visible light communication / Retroreflector / Polymer Network Liquid Crystal / Spatial modulator / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 7, BCT2020-34, pp. 13-16, 2020年3月.
資料番号 BCT2020-34 
発行日 2020-02-27 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) 琉球放送RBCホール 
開催地(英) RBC Hall 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間光変調器を用いたQRコードによる光伝送方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal on optical transmission system by QR code using a spatial optical modulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海中可視光伝送 / Underwater visible light communication  
キーワード(2)(和/英) 再帰性反射材 / Retroreflector  
キーワード(3)(和/英) ポリマーネットワーク液晶 / Polymer Network Liquid Crystal  
キーワード(4)(和/英) 空間光変調器 / Spatial modulator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 大河 / Taiga Aoyama /
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 裕也 / Yuya Yano /
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂憲 / Shigenori Takeda /
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 幹夫 / Mikio Maeda /
第4著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 13:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-34 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会