お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 09:30
次世代移動中継用FPUの伝送容量拡大に向けた検討 ~ 野外伝送実験による評価 ~
伊藤史人鵜澤史貴佐藤貴弘中川孝之居相直彦NHK
抄録 (和) 筆者らは,ロードレース中継等で用いられる移動中継用FPU (Field Pick-up Unit)の伝送容量拡大のため,変動する伝搬路の状態に応じて動的にビームフォーミングウェイトやビット・電力配分,ターボ符号の符号化率を変更する適応送信制御TDD (Time Division Duplex) - SVD (Singular Value Decomposition) - MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) 方式の研究開発に取り組んでいる.今回,更なる伝送容量拡大のため,4つのストリームで伝送する合計変調ビット数を従来の16 bitから20 bitに増やし,野外伝送実験によって効果を検証した結果,実際の無線伝搬路において最大伝送レートを145 Mbpsから180 Mbpsに拡大できることを確認した.また,各ストリームに割り当てられるビット数を解析した結果,1つのストリームに割り当てられた最大のビット数は9 bitであり,想定しているビット数を超えないことが分かった. 
(英) In order to expand a capacity of mobile relay FPUs, the authors have been researching a 4x4 TDD-SVD-MIMO system with adaptive transmission control that changes beam-forming weights, bit and power allocation, and turbo-code rates in accordance with channel conditions. For further expansion of transmission capacity, we increased a total number of bits transmitted through 4 streams from 16 to 20 and conducted a field trial to evaluate its effect. The result showed that our prototype system improved the maximum data rate from 145 Mbps to 180 Mbps over practical radio channels. From the analysis of allocated bits in each stream, we also found that the maximum number of bits allocated to one stream was 9 and didn’t exceed the number of bits supported by the proposed system.
キーワード (和) 移動中継用FPU / 適応送信制御 / SVD-MIMO / TDD / 野外伝送実験 / 4K・8K / /  
(英) Mobile Relay FPU / Adaptive Transmission Control / SVD-MIMO / TDD / Field Trial / 4K/8K / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 7, BCT2020-44, pp. 49-52, 2020年3月.
資料番号 BCT2020-44 
発行日 2020-02-27 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) 琉球放送RBCホール 
開催地(英) RBC Hall 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2020-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代移動中継用FPUの伝送容量拡大に向けた検討 
サブタイトル(和) 野外伝送実験による評価 
タイトル(英) Transmission Capacity Expansion of Next Generation Mobile Relay FPU 
サブタイトル(英) Performance Evaluation by Field Trial 
キーワード(1)(和/英) 移動中継用FPU / Mobile Relay FPU  
キーワード(2)(和/英) 適応送信制御 / Adaptive Transmission Control  
キーワード(3)(和/英) SVD-MIMO / SVD-MIMO  
キーワード(4)(和/英) TDD / TDD  
キーワード(5)(和/英) 野外伝送実験 / Field Trial  
キーワード(6)(和/英) 4K・8K / 4K/8K  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 史人 / Fumito Ito / イトウ フミト
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 貴弘 / Takahiro Sato / サトウ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki Nakagawa / ナカガワ タカユキ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2020-44 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会