お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-11 16:20
DoGとガボール関数を用いた周辺視野特性を考慮した画像フィルタ
伊藤謙吾齋藤 豪東工大
抄録 (和) 道路標識や駅構内の案内、広告といった公共空間での情報提示の設計の観点から、人の周 辺視野での知覚感度低下を認識することは有益である。本稿では、ガボール関数を用いて抽出した画 像の空間周波数成分とコントラスト感度関数を比較することで判定される周波数別通過率に基づき、 DoG 関数で周波数帯域別に分割した分割帯域画像の合成係数を最適化法によって決定し、その係数 を用いて再合成を行うことで周辺視野の知覚感度低下を可視化する手法を提案する。実験結果から、 従来法と比べて原画像に存在しない急激なコントラスト変化の発生を抑えられ、周波数帯域別の 通過率をより適切に決定できていることを示す。 
(英) For designing information display in public space and road signs, knowing the decrease of the sensitivity in peripheral vision is important. In this paper, we propose a method to visualize the characteristics of peripheral human vision in contrast sensitivity. It recomposes frequency band images extracted from an input image by the convolution with DoG functions, with optimized co- efficients determined by the comparison between contrast sensitivity function and local contrast in frequencies extracted by Gabor functions. Experimental results show that high frequency contrasts not appeared in the input image are reduced, and the pass rates of pixels for each frequency band can be determined more appropriately compared with the previous method.
キーワード (和) コントラスト感度関数 / 周辺視野 / 可視化 / / / / /  
(英) contrast sensitivity function / peripheral vision / visualization / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 9, HI2020-58, pp. 31-34, 2020年3月.
資料番号 HI2020-58 
発行日 2020-03-04 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DIT  
開催期間 2020-03-11 - 2020-03-11 
開催地(和) 工学院大学新宿キャンパス 
開催地(英) Kogakuin Univ. Tokyo Urban Tech Tower Campus 
テーマ(和) 【HI】視聴覚情報処理、視聴覚技術、ヒューマンインターフェース、一般 【3DIT】立体映像、VR/AR映像の人間工学的研究、立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2020-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DoGとガボール関数を用いた周辺視野特性を考慮した画像フィルタ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image filter considered with peripheral vision characteristics with DoG and Gabor functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コントラスト感度関数 / contrast sensitivity function  
キーワード(2)(和/英) 周辺視野 / peripheral vision  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 謙吾 / Kengo Ito / イトウ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 豪 / Suguru Saito / サイトウ スグル
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-11 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2020-58,ITE-3DIT2020-9 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2020-03-04,ITE-3DIT-2020-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会