お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-13 14:20
パラメトリックモデリングによる日本甲冑小札製作支援システム
田上滉太謝 浩然宮田一乘北陸先端大
抄録 (和) 日本甲冑は小札と呼ばれる小さな板状素材同士を紐で繋ぎ合わせた特有の構造をしている。小札と紐の色彩が織り成す特有のデザインが評価され、世界中に愛好家が存在する。しかし、その製作工程では膨大な数の部品を組み上げる必要があり、多大な労力と時間が必要となる。本研究ではそのような問題を解決するため、日本甲冑特有のパターン構造をモデル化することを試みた。モデル化に当たっては、3D CADソフトウェアRhinocerosのプラグインGrasshopperを使用した。作成したモデルはパラメトリックモデリングを用いて生成されており、ユーザはスライダーを操作することでパターン構造を構成する板状素材の形状を簡単に編集することができる。生成されたパターン構造はRhinocerosの機能を用いて、任意のデジタルファブリケーション機材用加工データとすることができる。本研究の主な貢献は、日本甲冑の小札設計時間と製作時間の改善である。 
(英) Japanese armor has a special structure which consists of small plates connected by cords. It owns numbers of lovers all over the world because of its unique design. However, it is difficult to create an armor due to the assembly of a large number of fabrication parts, a great deal of labor and time are required in the fabrication processes. This thesis aims to model the unique patterns and structures of Japanese armors. For the geometry modeling, the proposed system provided a simple design user interface with the slide bars to adjust the values of patterns. The users are allowed to edit the plate shape by simply adjusting the sliders, and the created pattern structure is generated by parametric modeling. We implemented with Grasshopper, a plugin of the 3D CAD software Rhinoceros. The created armor structure is allowed to be manufactured by digital fabrication tools with the function of Rhinoceros. The main contribution of this thesis is to improve the plate parts design and the parts production efficiency of Japanese armor.
キーワード (和) デザインツール / 日本甲冑 / パラメトリックモデリング / / / / /  
(英) Design tool / Japanese Armor / Parametric modeling / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 10, AIT2020-141, pp. 303-306, 2020年3月.
資料番号  
発行日 2020-03-06 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2020-03-13 - 2020-03-13 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2020(Expressive Japan 2020) 
テーマ(英) Expressive Japan 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2020-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックモデリングによる日本甲冑小札製作支援システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parametric Modeling of Plate Designing for Japanese Armor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デザインツール / Design tool  
キーワード(2)(和/英) 日本甲冑 / Japanese Armor  
キーワード(3)(和/英) パラメトリックモデリング / Parametric modeling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田上 滉太 / Kohta Tanoue / タノウエ コウタ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 謝 浩然 / Haoran Xie / シャ コウゼン
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 一乘 / Kazunori Miyata / ミヤタ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-13 14:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2020-141 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.303-306 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2020-03-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会