お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-05-28 16:20
近赤外マルチスペクトル画像信号の適応的選択による酸素飽和度の測定
曽根健宏前田慶博東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大
抄録 (和) 本稿では,近赤外カメラを用いた可視光の照明変動に頑強な酸素飽和度の測定手法を提案する.提案手法は,近赤外画像信号を用いて可視光の照明変動に依存しない測定を行う.しかし,近赤外領域での血液の吸光特性は被験者により変化するため,特定の波長域のみを測定に用いた場合,酸素飽和度に関係する近赤外光を正確に計測することは難しい.これは,酸素飽和度推定の精度低下を引き起こす.そこで提案手法では,近赤外マルチスペクトルカメラを用いて,複数の近赤外領域の波長域から,測定に最適な波長域を適応的に選択する.この適応的な画像信号の選択では,酸素飽和度の測定精度が拍動信号の周期性に依存するという知見より,各波長域信号における拍動の周期性を比較し,信号対雑音比が最も高い画像信号を選択する.これにより,近赤外マルチスペクトルカメラを用いた可視光の照明変動に頑強な酸素飽和度の推定をする.実験より提案手法の有効性を確認した. 
(英) In this paper, we propose a method of measuring oxygen saturation that is robust to varying visible light by using a near-infrared multispectral camera. The proposed method robustly measures oxygen saturation by using near-infrared image signals. However, it is difficult to accurately measure near-infrared light related to oxygen saturation using only a specific near-infrared wavelength range signal. The reason is primarily that the absorption characteristics of blood in the near-infrared region change depending on the subject. Thus, the accuracy of oxygen saturation estimation may be decreased. The proposed method adaptively selects the optimum signals among multiple signals of multiple near-infrared wavelength ranges by using a near-infrared multispectral camera. In the selection process, we select an image signal with the highest signal to noise ratio. The signal to noise ratio is defined based on a prior knowledge that is the accuracy of measurement of oxygen saturation depends on the periodicity of the pulsation signal. Experiments demonstrate the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 酸素飽和度 / 近赤外 / マルチスペクトルカメラ / / / / /  
(英) oxygen saturation / near infrared / multispectral camera / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 12, IST2020-33, pp. 45-48, 2020年5月.
資料番号 IST2020-33 
発行日 2020-05-21 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MI IEICE-IE IEICE-SIP IEICE-BioX IST ME  
開催期間 2020-05-28 - 2020-05-29 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像・信号の処理・解析・AI技術とその多分野応用 
テーマ(英) Image and signal processing/analysis/AI technology, and their application 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2020-05-MI-IE-SIP-BioX-IST-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近赤外マルチスペクトル画像信号の適応的選択による酸素飽和度の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive selection of near infrared multispectral image signals for measurement of oxygen saturation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 酸素飽和度 / oxygen saturation  
キーワード(2)(和/英) 近赤外 / near infrared  
キーワード(3)(和/英) マルチスペクトルカメラ / multispectral camera  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 健宏 / Takehiro Sone / ソネ タケヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 慶博 / Yoshihiro Maeda / マエダ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉村 大輔 / Daisuke Sugimura / スギムラ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 津田塾大学 (略称: 津田塾大)
Tsuda University (略称: Tsuda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-05-28 16:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2020-33,ITE-ME2020-84 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2020-05-21,ITE-ME-2020-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会