映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-06-01 14:25
相互反射領域推定法を用いた高速な金属物の検出
住吉信一坂本雄児北大
抄録 (和) 廃棄物の自動分別処理のため,低コストセンサで高速に金属物を判別する必要がある.
本研究ではプロジェクタカメラを用いて,対象シーンから金属物がある領域を推定する手法を提案する.
提案法は金属物で発生する相互反射光と直接反射光とを分離取得できる手法を用い,相互反射が起きる領域を金属物の存在領域として検出する.
ランバート反射物と金属物のあるシンプルなシーンで実験を行い,金属物を検出可能であることを確認した. 
(英) It is necessary to discriminate metal objects at high speed with a low-cost sensor for automatic sorting
of waste.
In this research, we propose a method for estimating the area where metal objects are present from the
target scene using a projector camera system.
The proposed method uses a method that can separate and acquire interreflected lights and directly reflected lights generated from metal objects, and detects the region which the interreflection occurs as the existing region of the metal objects.
Experiments were conducted in simple scenes with a lambert reflector object and a metal object, and it was confirmed that the metal objects could be detected.
キーワード (和) 相互反射 / 鏡面性 / 金属物 / 高速センシング / / / /  
(英) Interreflection / Specularity / Metal Objects / High-Speed Sensing / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SIP IEICE-MVE VRSJ  
開催期間 2020-06-01 - 2020-06-02 
開催地(和) 東京大学 工学部2号館 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(電子情報通信学会MVE研究会, 情報処理学会EC研究会, HCI研究会, ヒューマンインタフェース学会SIG-DeMO研究会, VR学会と共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-MVE 
会議コード 2020-06-MVE-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 相互反射領域推定法を用いた高速な金属物の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Speed Metal Objects Detection Using Interreflection Region Estimation Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相互反射 / Interreflection  
キーワード(2)(和/英) 鏡面性 / Specularity  
キーワード(3)(和/英) 金属物 / Metal Objects  
キーワード(4)(和/英) 高速センシング / High-Speed Sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 住吉 信一 / Shinichi Sumiyoshi / スミヨシ シンイチ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学大学院 情報科学院 (略称: 北大)
Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University (略称: Hokkaido University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 雄児 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学大学院 情報科学院 (略称: 北大)
Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University (略称: Hokkaido University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-06-01 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-MVE 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会