お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-11-27 14:35
ベクション強度の数理モデル化 ~ フレームレートとベクション強度の関係性について ~
飯田 龍群馬高専)・妹尾武治九大)・碓氷 久群馬高専
抄録 (和) ベクションを感じる強さを測定する指標として潜時,持続時間,主観強度の三つの項目を用いる.そこで,これら3指標に対応するフレームレートとの関係を数式化し,実測値からフレームレートを換算出来るようにする.また,3指標間の関係を分析することでベクション強度を示す新たな変量を提案する. 
(英) Three items, latency time, duration, and Magnitude, are used as indexes to measure the strength of feeling vection. Therefore, by formulating the relationship with the frame rate corresponding to these three indexes, the frame rate can be converted from the measured value. We also propose a new variable that indicates the vection intensity by analyzing the relationship between the three indicators.
キーワード (和) ベクション / フレームレート / 数理モデル / 潜時 / 持続時間 / 主観強度 / /  
(英) Vection / Frame rate / Mathematical modeling / Latency / Duration / Magnitude / /  
文献情報 映情学技報, vol. 44, no. 31, HI2020-65, pp. 21-24, 2020年11月.
資料番号  
発行日 2020-11-20 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2020-11-27 - 2020-11-28 
開催地(和)  
開催地(英)  
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用、VR心理学、感性情報処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2020-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ベクション強度の数理モデル化 
サブタイトル(和) フレームレートとベクション強度の関係性について 
タイトル(英) Mathematical modeling of vection strength 
サブタイトル(英) About the relationship between frame rate and vection strength 
キーワード(1)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(2)(和/英) フレームレート / Frame rate  
キーワード(3)(和/英) 数理モデル / Mathematical modeling  
キーワード(4)(和/英) 潜時 / Latency  
キーワード(5)(和/英) 持続時間 / Duration  
キーワード(6)(和/英) 主観強度 / Magnitude  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 龍 / Ryo Iida / イイダ リョウ
第1著者 所属(和/英) 群馬工業高等専門学校 (略称: 群馬高専)
National Institute of Technology, Gunma College (略称: Gunma KOSEN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / ウスイ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学芸術工学研究院 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 碓氷 久 / Hisashi Usui /
第3著者 所属(和/英) 群馬工業高等専門学校 (略称: 群馬高専)
National Institute of Technology, Gunma College (略称: Gunma KOSEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-11-27 14:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2020-65 
巻番号(vol) ITE-44 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2020-11-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会