お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-01-29 10:50
アーク3D表示を用いることにより,実物体の後方にめり込んで空中像を提示できる方式とその改善方法
中野綺砂吉田貴彦水科晴樹陶山史朗徳島大
抄録 (和) 本研究では,立体/3D像を実物体の奥にめり込んだ位置に表示しようとした際に,実物体の表面に貼り付いて知覚されるという課題に対して,連続的な運動視差を有するアーク3D表示を用いて,頭部運動,3D像の運動に加えて、ファントム現象による運動感覚のみを与えた場合にも解決できることを明らかにした.アーク3D表示を用いて,頭部運動や3D像の運動の導入により,実物体の奥に知覚させることができるが,これには観察者に運動を強いること,あるいは装置が複雑化するという問題がある.そこで,実際の運動ではなく,ファントム現象による運動感覚のみを与えることにより,上記の課題を簡便に解決できることを明らかにした. 
(英) Arc 3D display can successfully solve serious difficulty in perceived depth penetration into or behind the real object in stereoscopic/3D image only by motion sensation by Phantom phenomenon in addition to head motion and/or 3D image motion. By using Arc 3D display, perceived depth penetration can be solved by head motion and/or 3D image motion. Head motion or 3D image motion in Arc 3D display for solving perceived depth penetration into real object has problem of forcing observer to move head or of complicated motion system. Only motion sensation by Phantom phenomenon can successfully solve this perceived depth penetration into real object by using a simple system.
キーワード (和) アーク3D表示 / 二眼式立体表示 / 運動視差 / ファントム現象 / / / /  
(英) Arc 3D / Stereoscopic Display / motion parallax / Phantom phenomenon / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 2, IDY2021-11, pp. 73-76, 2021年1月.
資料番号 IDY2021-11 
発行日 2021-01-21 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2021-01-28 - 2021-01-29 
開催地(和) オンライン開催は必ず開催 / 状況により 龍谷大学 響都ホール 校友会館 でも開催 
開催地(英)  
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2021-01-EID-IDY-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アーク3D表示を用いることにより,実物体の後方にめり込んで空中像を提示できる方式とその改善方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perceived Depth in Arc 3D Display Can Penetrate into Behind Real Object by Moving Arc 3D Images in Contrast to Unpenetrated Perceived Depth in Stereoscopic Display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アーク3D表示 / Arc 3D  
キーワード(2)(和/英) 二眼式立体表示 / Stereoscopic Display  
キーワード(3)(和/英) 運動視差 / motion parallax  
キーワード(4)(和/英) ファントム現象 / Phantom phenomenon  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 綺砂 / Kisa Nakano / ナカノ キサ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 貴彦 / Takahiko Yoshida / ヨシダ タカヒコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiro Suyama / スヤマ シロウ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-01-29 10:50:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2021-11 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2021-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会