お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-02-27 16:10
視線計測手法を用いたACC機能使用時の運転行動特性把握
小出 瑞近大)・飯田克弘阪大)・澤田英郎西日本高速道路エンジニアリング関西)・多田昌裕近大
抄録 (和) 近年,我が国では部分自動運転システムを搭載した車両の普及が急速に進んでいる.先行研究において,部分自動運転システム搭載車両を運転時にわき見の増加とリラックス状態を示す生理指標の上昇がみられ,漫然状態に陥る可能性が示唆された.本研究では視線計測手法と生理計測手法に基づき,自車両前方に割り込みが発生し注意度が一時的に高まった状態から,時間経過とともに運転者の注意度がどのように変化するかに着目した実験および解析を実施した.その結果,部分自動運転機能搭載車両を運転時,部分自動運転機能非搭載車両運転時ともに側方確認の回数が時間経過とともに減少傾向にあることや,特に部分自動運転車両運転時にリラックス状態を示す生理指標が上昇するとともに注意度が低下する事が明らかとなった.併せて,一部実験参加者において部分自動運転機能搭載車両を運転時にわき見が増加した事例も認められ,たとえ注意度が一時的に上昇したとしても比較的短い時間で注意散漫状態が起きうることを示唆する結果が得られた. 
(英) Recently, semi-automated vehicles have been becoming widespread in Japan. Our previous study found out that drivers tend to look aside while using semi-automated system as well as physiological index corresponding to driver’s state of being relaxed increased. In this study, we focused on time-series change of driver distraction while using semi -automated system. In our experiment, we let each participant increase his attention by making unsafe lane change in front of his car, and analyzed how his driving behavior changed over time using eye-tracking technology as well as an electrocardiogram. As a result of our analysis, we have found out that driver’s attention towards surrounding vehicles significantly decrease when using semi-automated system as well as physiological index significantly increased in a short time even after he experienced unsafe lane change.
キーワード (和) 部分自動運転 / ACC / 視線計測 / 生理計測 / / / /  
(英) Semi-Automated Driving / ACC / Eye Tracking / Physiological Index / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 6, ME2021-51, pp. 83-86, 2021年2月.
資料番号 ME2021-51 
発行日 2021-02-20 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2021-02-27 - 2021-02-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2021-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線計測手法を用いたACC機能使用時の運転行動特性把握 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study for Investigating Driving Characteristics While Using ACC System Based on Eye Tracking Device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 部分自動運転 / Semi-Automated Driving  
キーワード(2)(和/英) ACC / ACC  
キーワード(3)(和/英) 視線計測 / Eye Tracking  
キーワード(4)(和/英) 生理計測 / Physiological Index  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 瑞 / Mizuki Koide / コイデ ミズキ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 克弘 / Katsuhiro Iida / イイダ カツヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 英郎 / Hideo Sawada / サワダ ヒデオ
第3著者 所属(和/英) 西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社 (略称: 西日本高速道路エンジニアリング関西)
West Nippon Expressway Engineering kansai Company Limited (略称: West Nippon Expressway Engineering kansai Co. Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 昌裕 / Masahiro Tada / タダ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-02-27 16:10:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2021-51 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2021-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会