お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-08 10:40
画像表示用液晶パネルと同一仕様の液晶パネルをアクティブパララックスバリアとして用いた3Dディスプレイの視域拡大手法
西村大生濱岸五郎吉本佳世阪市大)・草深 薫京セラ)・髙橋秀也阪市大
抄録 (和) アクティブパララックスバリアの低コスト化実現のため,画像表示用液晶パネルと同一仕様の液晶パネルをアクティブパララックスバリアとして用いた裸眼3Dディスプレイを提案する.パララックスバリアの最小制御単位は1サブピクセルである.そこで,斜めパララックスバリアの利点を維持するためのバリアと両眼画像形状のステップ化,両眼画像のサイクルピッチ化による理想ピッチの実現,更に観察距離に対する最適なピッチ変換を用いることで,距離の変動に対する理想的な追従を実現した.原理確認のために試作ディスプレイを作製し,提案手法により,300[mm]~729[mm]の観察距離で快適な立体視が可能であることを確認した. 
(英) To realize low-cost active parallax barrier, we propose autostereoscopic 3D display (Two-views) that uses a liquid crystal panel with the same specifications as the image display panel as the active parallax barrier. The minimum control unit of the parallax barrier is one sub-pixel. In order to maintain the advantage of the slanted parallax barrier, a step shape was adopted for the barrier and the binocular image shape, and the pitch of the binocular image was cycled to achieve the ideal pitch. Furthermore, by using the optimal pitch control for the observation distance, the ideal tracking for the distance variation was realized.
キーワード (和) 裸眼3Dディスプレイ / アクティブパララックスバリア / ステップバリア / アイトラッキング / 広視域 / / /  
(英) Glasses-free stereoscopic display / Active parallax barrier / Step barrier / Eye tracking / Wide viewing zone / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 9, 3DIT2021-5, pp. 17-20, 2021年3月.
資料番号 3DIT2021-5 
発行日 2021-03-01 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT  
開催期間 2021-03-08 - 2021-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像、AR/VR/MR映像における人間工学的研究、及び立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2021-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像表示用液晶パネルと同一仕様の液晶パネルをアクティブパララックスバリアとして用いた3Dディスプレイの視域拡大手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Viewing area expansion method for 3D display using a liquid crystal active parallax barrier with the same specifications as the image display liquid crystal panel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 裸眼3Dディスプレイ / Glasses-free stereoscopic display  
キーワード(2)(和/英) アクティブパララックスバリア / Active parallax barrier  
キーワード(3)(和/英) ステップバリア / Step barrier  
キーワード(4)(和/英) アイトラッキング / Eye tracking  
キーワード(5)(和/英) 広視域 / Wide viewing zone  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 大生 / Tomoi Nishimura / ニシムラ トモイ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱岸 五郎 / Goro Hamagishi / ハマギシ ゴロウ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 佳世 / Kayo Yoshimoto / ヨシモト カヨ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 草深 薫 / Kaoru Kusafuka / クサフカ カオル
第4著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 秀也 / Hideya Takahashi / タカハシ ヒデヤ
第5著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-08 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-3DIT2021-5 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-3DIT-2021-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会