お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-03-12 13:15
地上テレビジョン放送高度化方式の固定受信におけるFFTサイズおよびSP配置の一検討
古屋琴子蔀 拓也佐藤明彦朝倉慎悟岡野正寛NHK
抄録 (和) 固定受信向けの4K・8K放送と移動受信向けの2K放送を地上波の1チャンネルで実現するため,筆者らは地上テレビジョン放送高度化方式(以下,高度化方式)の研究開発を進めている.高度化方式には,キャリア変調方式や誤り訂正符号化率,FFTサイズ,SP(Scattered Pilot)配置など選択できる伝送パラメータが多く存在する.これまで,キャリア変調方式と誤り訂正符号の符号化率の組合せについて,固定受信環境における伝送特性を評価してきた.今回,FFTサイズとSP配置の各パラメータについて伝送特性を計算機シミュレーションにより評価し,各FFTサイズで時間方向のSP挿入間隔が最も大きい配置が,伝送容量および所要C/Nともに優れていることを確認した.また,選定したパラメータの組合せにおいて,固定受信環境で実現できる伝送容量を評価した. 
(英) We are conducting research on an advanced Integrated Services Digital Broadcasting - Terrestrial (advanced ISDB-T) to realize 4K/8K services for fixed reception and 2K service for mobile reception within a channel simultaneously. The advanced ISDB-T has many transmission parameters that can be selected, such as the carrier modulation, code rate of forward error correction, FFT size, and Scattered Pilot (SP) pattern. We have already evaluated the fixed reception performance of the combination of the carrier modulation and the code rate of forward error correction. In this paper, we evaluated the transmission performance of each parameter of FFT size and SP pattern by computer simulation, and it was confirmed that the SP pattern with the largest temporal separation for each FFT size was excellent in both transmission capacity and required C/N. Finally, we evaluated the transmission capacity that can be realized in the fixed reception for the combination of the selected transmission parameters.
キーワード (和) 地上テレビジョン放送高度化方式 / 固定受信 / 伝送特性 / / / / /  
(英) an advanced ISDB-T / fixed reception / transmission performance / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 10, BCT2021-21, pp. 13-16, 2021年3月.
資料番号 BCT2021-21 
発行日 2021-03-05 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2021-03-12 - 2021-03-12 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2021-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上テレビジョン放送高度化方式の固定受信におけるFFTサイズおよびSP配置の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on FFT Size and Scattered Pilot Pattern of Fixed Reception for an Advanced ISDB-T 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上テレビジョン放送高度化方式 / an advanced ISDB-T  
キーワード(2)(和/英) 固定受信 / fixed reception  
キーワード(3)(和/英) 伝送特性 / transmission performance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古屋 琴子 / Kotoko Furuya / フルヤ コトコ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔀 拓也 / Takuya Shitomi / シトミ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 慎悟 / Shingo Asakura / アサクラ シンゴ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-03-12 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2021-21 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2021-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会