お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-17 13:10
[招待講演]リアルハプティクスと未来社会へのインパクト
大西公平慶大)・下野誠通横浜国大
抄録 (和) リアルハプティクス技術により遠方の力触覚を伝えることができる。これは、聴覚、視覚に続き力触覚が通信可能になったことを意味する。その結果「遠隔操作」と「人間の運動や行為の記録と再生」といった新しい応用分野が拓かれつつある。行為や運動の設計論が確立されれば人間のさまざまな動作や身体的暗黙知がデータ化できる。このデータを人工機械に送ることで これまで人工機械が不得意だった人間のようなしなやかな動作が可能になる。 あるいは人間を超える様々な活動を人間に代わって行うことが可能になり 遠隔操作が可能になる寄与も含めて産業や民生などで幅広い応用が可能になる。リアルハプティクスは21世紀社会を発展させるユニークな新技術である。 
(英) Real Haptics is able to transmit the force/tactile sensation from the remote place to the local side. This means communications by force/tactile sensation is possible like other communications with audible or visual sensation. This opens wide applications in both “remote operations” with vivid sensations and “record and playback” of human actions and movement. The design of the robot motion similar to the human-like actions can be designed by this technology. These actions are far from ordinary industrial robots and very much sophisticated. They will substitute real human tasks with artificial actions in industry, medical area, ordinary life and so on. The real haptics is a very unique technology in 21st century.
キーワード (和) リアルハプティクス / 人間動作の記録と再現 / 遠隔操作 / / / / /  
(英) Real haptics / Record and Playback of Human actions / Remote Control / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 21, IST2021-42, pp. 23-28, 2021年8月.
資料番号 IST2021-42 
発行日 2021-08-10 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-SDM IEICE-ICD IST  
開催期間 2021-08-17 - 2021-08-18 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路、低電圧・低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface, Low Voltage/Low Power Techniques, Novel Devices/Circuits, and the Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2021-08-SDM-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルハプティクスと未来社会へのインパクト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real Haptics and Its Impact to Future Society 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リアルハプティクス / Real haptics  
キーワード(2)(和/英) 人間動作の記録と再現 / Record and Playback of Human actions  
キーワード(3)(和/英) 遠隔操作 / Remote Control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 公平 / Kouhei Ohnishi / オオニシ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 下野 誠通 / Tomoyuki Shimono / シモノ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-17 13:10:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2021-42 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-IST-2021-08-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会