映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-28 10:40
ゲームコンテンツにおけるイラスト調レンダリングの改善
立花未来川島基展早川大地東京工科大
抄録 (和) アーティストによって描かれるゲームコンテンツの美術設定には、線と塗りが完全に分かれた表現と、線と塗りを一緒に整えて混合した表現がみられる。しかし、開発段階で美術設定から3DCGモデルを制作する際には、イラストの描き方の一つである輪郭線と塗りを一緒に馴染ませる手法は考慮されておらず、どちらの描き方であってもゲームビジュアルはトゥーン調かリアル調に置き換えられており、元の美術設定の意図が必ずしも反映されていない。本研究では、美術設定における重要要素の1つである輪郭線と塗りが混合した輪郭を表現するレンダリング手法を提案した。実用検証の結果、本手法により3Dゲームにおいて輪郭線と塗りの混合を考慮した表現ができることを確認した。 
(英) There are two types of art settings for game content drawn by artists: those in which outlines and fills are completely separated, and those in which outlines and fills are mixed. However, the mixture of contour and fill, which is one of the illustration techniques, is not taken into account when creating 3DCG models from art settings in the development stage. In both cases, the visuals of the game are replaced with a toon-like or realistic look, which does not necessarily reflect the intent of the original art setting. Therefore, in this study, we proposed a rendering method to express the mixture of contour lines and paint, which is one of the important elements of art setting. As a result of practical verification, it was confirmed that the proposed method can be used to represent mixed contours and fills in 3D games.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 非写実的レンダリング / 輪郭線 / ゲーム / / / /  
(英) Computer Graphics / Non-Photorealistic Rendering / Outline / Game / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 31, AIT2021-150, pp. 39-42, 2021年10月.
資料番号 AIT2021-150 
発行日 2021-10-20 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IIEEJ AIT  
開催期間 2021-10-27 - 2021-10-28 
開催地(和) 大阪工大(調整中) 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像一般(色再現,立体映像,CG,VR,アニメーション技術,画像処理,ME関係,画像符号化など幅広く扱います) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2021-10-IIEEJ-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲームコンテンツにおけるイラスト調レンダリングの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of illustration style rendering in game contents 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 非写実的レンダリング / Non-Photorealistic Rendering  
キーワード(3)(和/英) 輪郭線 / Outline  
キーワード(4)(和/英) ゲーム / Game  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立花 未来 / Miki Tachibana / タチバナ ミキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 基展 / Kawashima Motonobu / カワシマ モトノブ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 大地 / Daichi Hayakawa / ハヤカワ ダイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-28 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2021-150 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2021-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会