お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-18 11:20
見通し外水中音響通信におけるビームフォーミングを用いた受信機構成の一検討
石川貴大吉澤真吾北見工大
抄録 (和) 港湾などの周囲壁で囲まれた環境での水中音響通信は,障害物や送波素子指向性の条件に応じては見通し外通信となり,その受信特性は著しく低下する.本研究では見通し外通信で水中音響通信性能を改善するためのビームフォーミングを用いた受信機構成について検討する.受信機構成は様々な方法があるが,長遅延波によるマルチパス干渉に対応するために受信ビームフォーミングとRAKE受信方式を組み合わせた手法を導入する.遊泳用プール環境で提案法と従来法の通信性能を比較したシミュレーション結果を報告する. 
(英) Underwater acoustic communication surrounded by walls such as a harbor becomes non-line-of-sight communication depending on obstacles and directivity of transmitting elements, and its reception characteristic is significantly deteriorated. In this study, we consider a receiver configuration using beamforming to improve underwater acoustic communication performance in non-line-of-sight communication. There are various kinds of receiver configurations. We apply a method that combines receive beamforming and RAKE reception method to deal with multipath interference due to long delay waves. We report simulation results in a swimming pool environment when comparing the proposed method and the conventional method
キーワード (和) 水中音響通信 / ビームフォーミング / 受信機構成 / 到来方向推定 / / / /  
(英) Underwater acoustic communication / Receiver configuration / Beamforming / Direction of arrival estimation / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEICE-SIS  
開催期間 2021-10-07 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) online 
テーマ(和) システム実現技術, 近距離通信応用システム, 知的マルチメディア処理システム,放送技術および一般 
テーマ(英) System Implementation Technology, Short Range Wireless Systems, Smart Multimedia Systems, Broadcasting Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-SIS 
会議コード 2021-10-SIS-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 見通し外水中音響通信におけるビームフォーミングを用いた受信機構成の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Receiver Configuration Using Beamforming in Non-line-of-sight Underwater Acoustic Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 水中音響通信 / Underwater acoustic communication  
キーワード(2)(和/英) ビームフォーミング / Receiver configuration  
キーワード(3)(和/英) 受信機構成 / Beamforming  
キーワード(4)(和/英) 到来方向推定 / Direction of arrival estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 貴大 / Takahiro Ishikawa / イシカワ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 真吾 / Shingo Yoshizawa / ヨシザワ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 北見工業大学 (略称: 北見工大)
Kitami Institute of Technology (略称: Kitami Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-11-18 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IEICE-SIS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会