お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-17 11:30
インターディジタル構造とマルチビア構造を用いたメタサーフェス反射器 ~ シミュレーションに基づく反射器の設計 ~
浦上大世香川高専)・丸山珠美函館高専)・塩沢隆広香川高専
抄録 (和) マッシュルーム構造を持つメタサーフェスに新たにインターディジタル構造とマルチビア構造を導入することにより反射位相を制御する方法を提案し,本構造を用いて反射器の設計を行った.
その結果,提案構造の反射器が優れた指向性を持つことを確認した.
本稿では,提案構造の有効性を実験により検証するためのメタサーフェス反射器の設計について報告する.
使用する電波暗室などの制限から送信アンテナと反射器の距離を十分に取れない場合,入射波の位相分布を設計に含める必要がある.
著者らは,シミュレーションにより求めた送信アンテナの位相分布とレイ・トレース法を組み合わせて検証実験用メタサーフェス反射器の設計を行った. 
(英) The novel patch element shapes with the interdigital and multi-via structures of a mushroom-type metasurface reflector have been proposed, then the reflector is designed.
The sharp far field patterns of the reflected beams were obtained in the simulation results.
The metasurface reflector is designed for confirming the effectiveness of the proposed structures experimentally.
If the transmitting antenna should be set near the reflector in the restrictions such as our anechoic chamber size etc., the phase distribution of the transmitting antenna should be incorporated into the reflector design.
The metasurface reflector for verification experiments is designed combining the simulated incident wave phase and the ray tracing method.
キーワード (和) 反射器 / メタサーフェス / メタマテリアル / シミュレーション / / / /  
(英) Reflector / Metasurface / Metamaterial / Simulation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 5, BCT2021-10, pp. 5-8, 2021年2月.
資料番号 BCT2021-10 
発行日 2021-02-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2021-02-18 - 2021-02-18 
開催地(和) オンライン 
開催地(英) TBD 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2021-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターディジタル構造とマルチビア構造を用いたメタサーフェス反射器 
サブタイトル(和) シミュレーションに基づく反射器の設計 
タイトル(英) Interdigital and Multi-Via Structures for Mushroom-Type Metasurface Reflectors 
サブタイトル(英) Metasurface Reflector Design Based on Simulation 
キーワード(1)(和/英) 反射器 / Reflector  
キーワード(2)(和/英) メタサーフェス / Metasurface  
キーワード(3)(和/英) メタマテリアル / Metamaterial  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦上 大世 / Taisei Urakami / ウラカミ タイセイ
第1著者 所属(和/英) 香川高等専門学校 (略称: 香川高専)
National Institute of Technology (KOSEN), Kagawa College (略称: NIT (KOSEN), Kagawa College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 珠美 / Tamami Maruyama / マルヤマ タマミ
第2著者 所属(和/英) 函館高等専門学校 (略称: 函館高専)
National Institute of Technology (KOSEN), Hakodate College (略称: NIT (KOSEN), Hakodate College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩沢 隆広 / Takahiro Shiozawa / シオザワ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 香川高等専門学校 (略称: 香川高専)
National Institute of Technology (KOSEN), Kagawa College (略称: NIT (KOSEN), Kagawa College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-17 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2021-10 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2021-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会