お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-17 14:00
偏波MIMO-超多値OFDM伝送における伝送路推定方式の一検討
宮原章人東京理科大)・中村 聡神奈川大)・伊丹 誠東京理科大
抄録 (和) 次世代放送システムである超高精細度テレビジョンでは,1チャンネル当たりの伝送容量を増大させるため偏波MIMO(Multi-Input Multi-Output)と超多値OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplex)を組み合わせた伝送方式が提案されている.本稿では,偏波MIMO伝送路推定において,FFTを用いた内挿を行う過程での抽出する時間サンプル数および外挿方式による特性比較をコンピュータシミュレーションで行った.その結果,抽出する時間サンプル数を増やすことで,FFTを用いた内挿による雑音軽減の効果は小さくなるが,遅延時間が長いマルチパス環境における所要CNR(Carrier to Noise Ratio) の向上が確認された.また,RLS(Recursive Least Squares)アルゴリズムによる外挿を適用することで,一定の値での外挿と比較して所要CNRの向上が確認された. 
(英) In the Japanese next-generation DTTB(Digital Terrestrial Television Broadcasting), a combination of dual-polarized MIMO(Multi-Input Multi-Output) and OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplex) has been proposed. In this paper, the performance is evaluated by computer simulations when the number of time samples to be extracted and the extrapolation method is applied in the process of interpolation using FFT. From the results of simulations the required CNR(Carrier to Noise Ratio) be improved in a multipath environment with a long delay time by using proposed scheme.
キーワード (和) 次世代地上波放送 / 偏波MIMO / 伝送路推定方式 / / / / /  
(英) Next-generation DTTB / Dual-Polarized MIMO / Channel Estimation / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 45, no. 5, BCT2021-14, pp. 21-24, 2021年2月.
資料番号 BCT2021-14 
発行日 2021-02-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2021-02-18 - 2021-02-18 
開催地(和) オンライン 
開催地(英) TBD 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2021-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波MIMO-超多値OFDM伝送における伝送路推定方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Channel Estimation Scheme for Dual-Polarized MIMO-OFDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 次世代地上波放送 / Next-generation DTTB  
キーワード(2)(和/英) 偏波MIMO / Dual-Polarized MIMO  
キーワード(3)(和/英) 伝送路推定方式 / Channel Estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮原 章人 / Akito Miyahara / ミヤハラ アキト
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡 / Akira Nakamura / ナカムラ アキラ
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: KU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-17 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2021-14 
巻番号(vol) ITE-45 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2021-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会