お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-27 13:50
覚醒の低下がマイクロサッカードの動的特性に及ぼす影響
中垣公佑吉田 久小濱 剛近畿大
抄録 (和) 本研究では,覚醒水準の変動を定量的に計測する技術の確立を目的として,注視を維持した状態で覚醒の低下をもたらす実験を実施し,この時計測された固視微動からマイクロサッカード(MS)の動的特性の解析を行った.入眠時に発生するSlow Eye Movement(SEM)の直前の固視微動データに対して,MSの振幅-ピーク速度の解析とMS発生頻度分析を行った結果,SEMの発生する直前の60秒間には,覚醒が維持された状態と比較して,MSピーク速度が低下することが明らかとなった.また,MS発生頻度分析の結果からは,SEMの直前はMSの発生が間欠的になると同時に,固視微動の揺らぎが大きくなり,0.5$sim$3.0[Hz]の帯域におけるパワーが増強することも示された.これらのことから,覚醒の低下に伴って,MSのピーク速度低下や発生頻度などのMS動的特性に変化が生じることが示された. 
(英) In order to establish a technique to measure the level of arousal quantitatively, we conducted an experiment that caused a decrease in arousal while maintaining gaze position and analyzed the dynamic characteristics of the microsaccade (MS) from the fixation eye movements measured during the experiment. The amplitude-peak velocity and the frequency of MS immediately before the slow eye movements (SEMs), which occur during sleep onset, were analyzed. The result showed that the peak velocity of MS decreased during the 60 seconds immediately before the SEM compared with the state in which wakefulness was maintained. In addition, the occurrence of MS became intermittent, and the power of the gaze fluctuation in the 0.5-3.0 [Hz] band was enhanced just before the onset of the SEM. These results indicate that changes in MS dynamic characteristics, such as a decrease in peak MS velocity and MS frequency, occur with decreased arousal.
キーワード (和) 覚醒水準 / 固視微動 / マイクロサッカード / 動的特性 / Slow eye movement / / /  
(英) Arousal level / Fixation eye movements / Microsaccade / Dynamic characteristics / Slow eye movements / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 7, HI2022-3, pp. 27-32, 2022年2月.
資料番号 HI2022-3 
発行日 2022-02-20 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI IEICE-HIP ASJ-H VRPSY  
開催期間 2022-02-27 - 2022-02-28 
開催地(和) オンライン 
開催地(英) on line 
テーマ(和) VR心理,ヒューマン情報処理,聴覚,視覚,マルチモーダル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2022-02-HI-HIP-H-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 覚醒の低下がマイクロサッカードの動的特性に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of reduction in arousal on the dynamic properties of microsaccades 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 覚醒水準 / Arousal level  
キーワード(2)(和/英) 固視微動 / Fixation eye movements  
キーワード(3)(和/英) マイクロサッカード / Microsaccade  
キーワード(4)(和/英) 動的特性 / Dynamic characteristics  
キーワード(5)(和/英) Slow eye movement / Slow eye movements  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中垣 公佑 / Kousuke Nakagaki / ナカガキ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 久 / Hisashi Yoshida / ヨシダ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-27 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2022-3 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-HI-2022-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会