お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-28 13:30
[招待講演]光沢知覚 ~ 手がかり、立体映像による再現法と定量評価、脳内機構、顔の魅力への影響とその神経相関 ~
坂野雄一NICT/阪大
抄録 (和) 近年のCG技術の発達に支えられ,ここ20年ほどで物の質感知覚のメカニズムは広く調べられてきた.中でも最も詳しく調べられてきたのは,面の反射率特性の一つである光沢の知覚メカニズムであろう.しかし,知覚される光沢強度を正確に再現する映像提示方法とその定量的評価や,光沢知覚の脳内機構,光沢がより高次心的処理に与える影響については研究が少ない.本講演ではこれらについて著者らが行ってきた一連の研究を紹介する.具体的には,(1) 両眼性手がかりや動的手がかりが光沢知覚に与える影響,(2) 立体映像による,光沢知覚の再現法とその定量評価,(3) 光沢知覚の脳内機構,(4) 光沢が顔の魅力に与える,独特で合理的な影響とその神経相関の研究結果をご紹介する. 
(英) By virtue of the recent great advances in computer graphics technology, mechanisms for the perception of object material properties have been extensively investigated in the last two decades. The most well explored mechanisms would be those for perception of glossiness, one of the surface reflectance properties. However, little is known about effects of glossiness on higher mental processes. In this talk, I will introduce our studies on glossiness perception, especially about (1) binocular and dynamic cues, (2) reproduction methods using 3D images and their quantitative evaluation, (3) human brain mechanisms, and (4) the unique and rational effects of glossiness on facial attractiveness and the neural correlates.
キーワード (和) 光沢感 / 質感 / 定量的評価 / 立体ディスプレイ / 頭部運動 / fMRI / 魅力度 /  
(英) Glossiness / Material Properties / Quantitative Evaluation / 3D Display / Head Motion / fMRI / Attractiveness /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI IEICE-HIP ASJ-H VRPSY  
開催期間 2022-02-27 - 2022-02-28 
開催地(和) オンライン 
開催地(英) on line 
テーマ(和) VR心理,ヒューマン情報処理,聴覚,視覚,マルチモーダル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-HIP 
会議コード 2022-02-HIP-HI-H-SIG-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光沢知覚 
サブタイトル(和) 手がかり、立体映像による再現法と定量評価、脳内機構、顔の魅力への影響とその神経相関 
タイトル(英) Glossiness perception 
サブタイトル(英) cues, reproduction methods using 3D images and quantitative evaluation, brain mechanism, and effects on facial attractiveness and the neural correlates 
キーワード(1)(和/英) 光沢感 / Glossiness  
キーワード(2)(和/英) 質感 / Material Properties  
キーワード(3)(和/英) 定量的評価 / Quantitative Evaluation  
キーワード(4)(和/英) 立体ディスプレイ / 3D Display  
キーワード(5)(和/英) 頭部運動 / Head Motion  
キーワード(6)(和/英) fMRI / fMRI  
キーワード(7)(和/英) 魅力度 / Attractiveness  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 雄一 / Yuichi Sakano / サカノ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/大阪大学 (略称: NICT/阪大)
National Institute of Information and Communications Technology/Osaka University (略称: NICT/Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-28 13:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IEICE-HIP 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会