お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-04 13:55
[招待講演]光駆動型透明液晶ディスプレイの開発
太田最実鍋谷俊太島田真紀小原朋也前橋亮太佐藤文紀日産自動車)・深港 豪栗原清二熊本大
抄録 (和) 高透明・大面積の透明ディスプレイの実現に向けて、光駆動の透明液晶フィルムと光源・プロジェクタとから構成される光駆動型透明液晶ディスプレイの原理検証のため10cm x 10cmの透明液晶フィルムを試作し動作確認した。透明液晶フィルムは、光駆動のPNLC(Polymer network liquid crystal)であり、365nmの紫外線を照射することで透明な状態から光を散乱するスクリーン状態へと変化する。さらに青色光を照射することで元の透明状態へと戻る。この光応答の駆動力は、液晶に含まれるキラル材料であるアゾベンゼンの光異性化によるキラリティの変化で起こる。このキラリティの変化が大きいほどスクリーン状態の光反射率が大きくなることを明らかにした。 
(英) We demonstrated a new transparent display consisting of an optically switchable transparent liquid crystal and UV/Visible projector. Transparent liquid crystal by 10cm x 10cm proved the concept of optical switching between the transparent state and the screen state. Optical switching was achieved through trans-cis photoisomerization of azobenzene in the liquid crystal mixture. Furthermore, we improved screen reflectance by increasing the helical twisting power difference between the trans and cis states.
キーワード (和) 透明ディスプレイ / 液晶 / アゾベンゼン / キラル / 光駆動 / / /  
(英) transparent display / liquid crystal / azobenzene / chiral / optical switching / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 8, IDY2022-14, pp. 11-15, 2022年3月.
資料番号 IDY2022-14 
発行日 2022-02-25 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY SID-JC  
開催期間 2022-03-04 - 2022-03-04 
開催地(和) オンライン 
開催地(英) online 
テーマ(和) ディスプレイ技術シンポジウム2022 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2022-03-IDY-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光駆動型透明液晶ディスプレイの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Optically Switchable Transparent Liquid Crystal Display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 透明ディスプレイ / transparent display  
キーワード(2)(和/英) 液晶 / liquid crystal  
キーワード(3)(和/英) アゾベンゼン / azobenzene  
キーワード(4)(和/英) キラル / chiral  
キーワード(5)(和/英) 光駆動 / optical switching  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 最実 / Yoshimi Ohta / オオタ ヨシミ
第1著者 所属(和/英) 日産自動車㈱総合研究所 (略称: 日産自動車)
Nissan Motor Co., Ltd. (略称: Nissan Motor)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鍋谷 俊太 / Shunta Nabetani / ナベタニ シュンタ
第2著者 所属(和/英) 日産自動車㈱総合研究所 (略称: 日産自動車)
Nissan Motor Co., Ltd. (略称: Nissan Motor)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 真紀 / Maki Shimada / シマダ マキ
第3著者 所属(和/英) 日産自動車㈱総合研究所 (略称: 日産自動車)
Nissan Motor Co., Ltd. (略称: Nissan Motor)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 朋也 / Tomoya Ohara / オハラ トモヤ
第4著者 所属(和/英) 日産自動車㈱総合研究所 (略称: 日産自動車)
Nissan Motor Co., Ltd. (略称: Nissan Motor)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前橋 亮太 / Ryouta Maehashi / マエハシ リョウタ
第5著者 所属(和/英) 日産自動車㈱総合研究所 (略称: 日産自動車)
Nissan Motor Co., Ltd. (略称: Nissan Motor)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 文紀 / Fuminori Satou / サトウ フミノリ
第6著者 所属(和/英) 日産自動車㈱総合研究所 (略称: 日産自動車)
Nissan Motor Co., Ltd. (略称: Nissan Motor)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 深港 豪 / Tsuyoshi Fukaminato / フカミナト ツヨシ
第7著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 清二 / Seiji Kurihara / クリハラ セイジ
第8著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-04 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IDY 
資料番号 IDY2022-14 
巻番号(vol) 46 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数
発行日 2022-02-25 (IDY) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会