お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-07 09:50
知覚速度に基づく足踏みを用いたVR空間移動手法の開発
田中邦明田部田 晋棚橋重仁新潟大
抄録 (和) 本研究の目的は,現実空間のヒトの足踏み動作のステップ頻度とVR空間内のアバタの前方方向への運動速度の知覚速度の関係を心理物理学的手法から明らかにすることである.本研究は異なる2つの実験で構成される.どちらの実験も研究対象者の前方方向に拡散運動するランダムドット視覚刺激がヘッドマウントディスプレイ (Head Mounted Display: HMD) に呈示される.実験1では,15名の正常な視力を有する研究対象者は,1.11 (m/s) で運動する視覚刺激である基準刺激を観察し,基準刺激の速度に対して異なる5種類の倍率 (1/3,1/2,1,2,3倍) の速度と知覚できるように比較刺激の速度を調整した.実験2では,9名の正常な視力を有する研究対象者は,異なる5種類 (0.80, 1.18, 1.58, 2.38, 3.17 (steps/s)) のステップ頻度で足踏み動作をおこない,HMD上に提示された視覚刺激の速度を足踏み動作のステップ頻度と主観的に一致するように調整した.その結果,実験1では,HMD上に呈示された視覚刺激の速度v_sとヒトが知覚した視覚刺激の速度v_pはv_s = 1.34v_p^0.61と表すことができ,実験2では,現実空間のヒトの足踏み動作のステップ頻度fとHMD上に提示された視覚刺激の速度v_sはv_s=1.65f^0.708で表すことができた. 
(英) We revealed of relationship between the step frequency of walking-in-pace and the velocity that perceived from movement of avatar in VR using psychophysical methods. This study consisted of two different experiments. In both experiments, random-dot stimuli that diffuse were displayed on Head Mounted Display (HMD). In experiment 1, 15 participants observed standard stimuli of moving at 1.11 (m/s), and then adjusted the velocity of the comparison stimuli to be five different velocities (1/3, 1/2, 1, 2 and 3 (times) the velocity of the standard stimuli). In experiment 2, 9 participants adjusted the velocity of stimuli to match the step frequency of walking-in-place which five different step frequency (0.80, 1.18, 1.58, 2.38, 3.17 (steps/s)). As a result, in experiment 1, the relationship between the velocity of comparison stimuli (v_s) and perceived velocity (v_p) were shown as v_s = 1.34v_p^0.61, and in experiment 2, the relationship between the step frequency of walking-in-place (f) and velocity of stimuli (v_s) were shown as v_s=1.65f^0.708.
キーワード (和) Virtual Reality / 足踏み / 知覚速度 / / / / /  
(英) Virtual Reality / walking-in-place / perceived velocity / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-02-28 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT  
開催期間 2022-03-07 - 2022-03-07 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英)  
テーマ(和) AR/VR/メタバース技術における立体映像・立体音響技術一般、及び人間工学的研究 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2022-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知覚速度に基づく足踏みを用いたVR空間移動手法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of locomotion method in virtual reality using walking-in-place based on a perceived velocity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Virtual Reality / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) 足踏み / walking-in-place  
キーワード(3)(和/英) 知覚速度 / perceived velocity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 邦明 / Kuniaki Tanaka / タナカ クニアキ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田部田 晋 / Shin Tabeta / タベタ シン
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 棚橋 重仁 / Shigehito Tanahashi / タナハシ シゲヒト
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-07 09:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 ITE-3DIT2022-6 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-3DIT-2022-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会