お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 09:42
Switchable Dual Dial法~VR用フリック文字入力方式
平林知也和泉 凜内田健太森谷友昭高橋時市郎東京電機大
抄録 (和) 2台のVRコントローラを使う仮想空間内でのフリック式日本語入力方法,Switchable Dual Dial法を提案する.提案方法は,一方のVRコントローラのタッチパッドの上を,片方の手の指でフリックさせて,子音を入力する.次に,もう一方のVRコントローラのタッチパッドの上を,もう一方の手の指でフリックさせて,母音を選択することによって,日本語が1文字入力される.以上の2つの操作をほぼ同時に行うことができるので,正確で高速に日本語入力が可能となる.実験の結果,新しい日本語文字入力法としての可能性を検証した. 
(英) We propose the "Switchable Dual Dial method", a flick input method in a virtual space that uses two VR controllers. The proposed method is to flick the touchpad of one VR controller with a finger of one hand to input consonants. Then, by flicking the touch pad of the other VR controller with a finger of the other hand to select a vowel, one Japanese character is input. Since the above two operations can be performed almost at the same time, Japanese input can be performed accurately and at high speed. As a result of the experiment, we verified the possibility as a new Japanese character input method.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / ユーザーインターフェース / 日本語入力 / タッチタイピング / / / /  
(英) Virtual Reality / User Interface / Japanese Character Input / Touch Typing / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-41, pp. 13-16, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Switchable Dual Dial法~VR用フリック文字入力方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Switchable Dual Dial Method - Flick Character Input Method for VR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) ユーザーインターフェース / User Interface  
キーワード(3)(和/英) 日本語入力 / Japanese Character Input  
キーワード(4)(和/英) タッチタイピング / Touch Typing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平林 知也 / Tomoya Hirabayashi / ヒラバヤシ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 凜 / Rin Izumi / イズミ リン
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 健太 / Kenta Uchida / ウチダ ケンタ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森谷 友昭 / Tomoaki Moriya / モリヤ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 時市郎 / Tokiichiro Takahashi / タカハシ トキイチロウ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 09:42:00 
発表時間 12 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2022-41 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会