お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 10:05
アニメ映像におけるコンカレント配色タイムライン
楢山結希戀津 魁柿本正憲東京工科大
抄録 (和) 昨今、より効率的に制作を進められるツールや手法は、日々開発・研究されている。アニメ映像の制作は数多くの工程に分類できるが、本研究ではその中でも配色作業に着目をする。本研究では、アニメ映像における同時並行に進むキャラクターおよび背景の配色を可視化し、制作・分析を支援することを目指す。本手法では、実際のアニメ映像のキャプチャー画像からコンカレント配色タイムラインの生成を行う。K平均法でシーンの代表的な色を8色に絞り、可視化を行う。本研究では、先行研究の抱えていた問題を解決しつつ、実際にコンカレント配色タイムラインを利用し分析までを行った。 
(英) Nowadays, tools and methods for more efficient production are being developed and researched on a daily basis.The production of animation can be categorized into a number of processes, and in this research, we will focus on the color scheme process. In this research, we aim to visualize color schemes of characters and backgrounds, which proceed concurrently in animation, and to support production and analysis. In this method, a concurrent color scheme timeline is generated from captured images of actual animations, and visualized by narrowing down the representative colors of a scene to eight colors using the K-means method. In this study, we solved the problems of the previous studies and actually used the concurrent color scheme timeline for analysis.
キーワード (和) アニメ映像 / 配色 / 情報可視化 / 映像分析 / / / /  
(英) Animation / Color scheme / Information Visualization / Video Analysis / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, pp. 57-60, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アニメ映像におけるコンカレント配色タイムライン 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Concurrent Color Scheme Timelines in Animation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アニメ映像 / Animation  
キーワード(2)(和/英) 配色 / Color scheme  
キーワード(3)(和/英) 情報可視化 / Information Visualization  
キーワード(4)(和/英) 映像分析 / Video Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢山 結希 / Yuki Narayama / ナラヤマ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戀津 魁 / Kai Lenz / レンツ カイ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿本 正憲 / Kakimoto Masanori / カキモト マサノリ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学/プロメテックCGリサーチ (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology/Prometech CG Research (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 10:05:00 
発表時間 12 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 AIT2022-52 
巻番号(vol) 46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数
発行日 2022-03-01 (AIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会