お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 15:50
[記念講演]次世代移動中継用FPUに向けた適応送信制御MIMO方式の野外伝送実験
佐藤貴弘牧野仁宣伊藤史人鵜澤史貴中川孝之居相直彦NHK)・波多野 慶小野琢磨杉山 仁斉藤彦一NHKテクノロジーズ)・岩舘祐一NHKエンジニアリングシステム
抄録 (和) 筆者らは,ロードレース中継等で用いられる移動中継用FPU (Field Pick-up Unit) の伝送容量拡大のため,変動する伝搬路の状態に応じて動的にビームフォーミングウェイトやビット・電力配分,ターボ符号の符号化率を変更する適応送信制御 MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) 方式の研究開発に取り組んでいる.従来,マラソン等の中継では,複数の基地局を切り替えることで広範囲に及ぶコースの移動伝送を実現している.提案方式を用いたシステムでの複数基地局の切替を検証するために野外伝送実験を実施し,2か所の基地局をシームレスに切り替えて伝送可能エリアを拡大した結果について報告する.さらに,TDD (Time Division Duplex) による双方向伝送を活用し,IP (Internet Protocol) 伝送機能を追加してリモートプロダクションに応用する取り組みを紹介する. 
(英) In order to expand a capacity of mobile relay FPUs, the authors have been researching a 4x4 MIMO system with adaptive transmission control that changes beam-forming weights, bit and power allocation, and turbo-coding rates in accordance with channel conditions. We conducted a field trial to verify a handover between multiple base stations, which was necessary for wide-area live production. The result shows that our system demonstrated a seamless handover between two base stations, leading to the expansion of transmission area. We also introduce our efforts to apply the system to remote production by enabling an IP signal transmission function, utilizing a TDD scheme.
キーワード (和) 移動中継用FPU / 適応送信制御 / SVD-MIMO / TDD / 野外伝送実験 / 基地局切替 / IP /  
(英) Mobile Relay FPU / Adaptive Transmission Control / SVD-MIMO / TDD / Field Trial / Handover / IP /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 11, BCT2022-30, pp. 37-37, 2022年3月.
資料番号 BCT2022-30 
発行日 2022-03-04 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2022-03-11 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催へ変更(2022/1/14) 
開催地(英)  
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2022-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代移動中継用FPUに向けた適応送信制御MIMO方式の野外伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Trial of MIMO System with Adaptive Transmission Control for Next Generation Mobile Relay FPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動中継用FPU / Mobile Relay FPU  
キーワード(2)(和/英) 適応送信制御 / Adaptive Transmission Control  
キーワード(3)(和/英) SVD-MIMO / SVD-MIMO  
キーワード(4)(和/英) TDD / TDD  
キーワード(5)(和/英) 野外伝送実験 / Field Trial  
キーワード(6)(和/英) 基地局切替 / Handover  
キーワード(7)(和/英) IP / IP  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 貴弘 / Takahiro Sato / サトウ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 仁宣 / Kiminobu Makino / マキノ キミノブ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 史人 / Fumito Ito / イトウ フミト
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第4著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 孝之 / Takayuki Nakagawa / ナカガワ タカユキ
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第6著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 波多野 慶 / Kei Hatano / ハタノ ケイ
第7著者 所属(和/英) 株式会社NHKテクノロジーズ (略称: NHKテクノロジーズ)
NHK Technologies, Inc (略称: NHK Technologies, Inc)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 琢磨 / Takuma Ono / オノ タクマ
第8著者 所属(和/英) 株式会社NHKテクノロジーズ (略称: NHKテクノロジーズ)
NHK Technologies, Inc (略称: NHK Technologies, Inc)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 仁 / Hitoshi Sugiyama / スギヤマ ヒトシ
第9著者 所属(和/英) 株式会社NHKテクノロジーズ (略称: NHKテクノロジーズ)
NHK Technologies, Inc (略称: NHK Technologies, Inc)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 彦一 / Hikoichi Saito / サイトウ ヒコイチ
第10著者 所属(和/英) 株式会社NHKテクノロジーズ (略称: NHKテクノロジーズ)
NHK Technologies, Inc (略称: NHK Technologies, Inc)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩舘 祐一 / Yuichi Iwadate / イワダテ ユウイチ
第11著者 所属(和/英) 一般財団法人NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System, Inc (略称: NHK Engineering System, Inc)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-11 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2022-30 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 p.37 
ページ数 ITE-1 
発行日 ITE-BCT-2022-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会