お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前のHI研究会 / 次のHI研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


ヒューマンインフォメーション研究会(HI) [schedule] [select]
委員長 永井 岳大 (東工大)
担当幹事 原澤 賢充 (NHK)

日時 2022年 3月23日(水) 10:30 - 16:45
議題 視聴覚情報処理、視聴覚技術、ヒューマンインターフェース、一般 
会場名 オンライン 
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(HI研究会)についてはこちらをご覧ください.
お知らせ 下記の発表がベストプレゼンテーション賞に選ばれました。
おめでとうございます。

「中心視野と周辺視野で公平なディスプレイデザインの視覚心理学的検討」 ○松永大河・楊 詠皓・三好清文・西田眞也(京大)

3月23日(水) 午後  セッション1
10:30 - 13:10
  10:30-10:35 開会のご挨拶 ( 5分 )
(1) 10:35-11:00 中心視野と周辺視野で公平なディスプレイデザインの視覚心理学的検討 松永大河楊 詠皓三好清文西田眞也京大
(2) 11:00-11:25 頭部中心座標系での有効視野の測定 ~ 理想的なヘッドマウントディスプレイの仕様のための研究 ~ 原澤賢充宮下山斗小峯一晃NHK
(3) 11:25-11:50 ディスプレイの低輝度階調表現と色域が画像感性評価に与える影響の検討 麻生孟理永井岳大東工大)・張 鳴暁デンソー
  11:50-13:10 休憩 ( 80分 )
3月23日(水) 午後  セッション2
13:10 - 14:45
(4) 13:10-13:35 動きの滑らかさ知覚とDuty比の関係 中嶋 豊入山凪沙新潟大
(5) 13:35-14:00 アニマシー感と不快感がパターン検出に与える影響の検討 喜田悠功立命館大)・氏家悠太立命館大/学振)・高橋康介立命館大
(6) 14:00-14:25 顔表情認識における人種とマスクの影響 永田雅人岡嶋克典横浜国大
  14:25-14:45 休憩 ( 20分 )
3月23日(水) 午後  セッション3
14:45 - 16:45
(7) 14:45-15:10 実車環境における直視型および反射型電子ルームミラーの視認性検討 管 浩輝安住 龍久方瑠美金子寛彦東工大
(8) 15:10-15:35 ドライビングシミュレータを介した脳損傷患者の運転技能評価手法の検討 橋本竜之介小濱 剛近畿大
(9) 15:35-16:00 電子番組表解析によるテレビ視聴者の興味推定 奥田 誠金子 豊星 祐太萩尾勇太上村真利奈西本友成NHK
(10) 16:00-16:25 眼球光学系の影響を考慮した網膜神経機構モデルによる副尺視力におけるトレマの効果 坂井潤矢小濱 剛近畿大
  16:25-16:45 表彰式・閉会のご挨拶 ( 20分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
HI ヒューマンインフォメーション研究会(HI)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2022-03-03 17:11:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[HI研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のHI研究会 / 次のHI研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会