お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-23 15:10
ドライビングシミュレータを介した脳損傷患者の運転技能評価手法の検討
橋本竜之介小濱 剛近畿大
抄録 (和) 本研究では,脳損傷者が運転を再開するにあたっての適切な挙動を確認し,リハビリテーション指導における留意点の確認を行うことを目的とした.若年健常者と脳損傷者を対象にして,特定のイベントシーンにおけるドライビングシミュレータ(DS)操作の解析を行った.対象は,DS による自動車運転評価を実施した脳損傷患者 117 名(運転再開群 68 名,運転非再開群 49 名)と,20 歳代の若年健常者 41 名であった.解析の結果,健常者群はブレーキ操作により 2 群に分かれることが明らかになった.健常者群と再開群,非再開群を比較すると,再開群は速度調整において健常者群との相関が高いことが示された.また,速度調整が健常者群と類似する再開群と非再開群の間には,ブレーキ操作に相違が認められた. 
(英) The purpose of this study was to confirm the appropriate behavior of brain-injured patients when they resume driving and to confirm the points to be considered in rehabilitation guidance. We analyzed the driving simulator (DS) operation for young, healthy subjects and brain-injured patients in specific event scenes. The subjects were 117 brain-injured patients (68 patients in the resumed driving group and 49 patients in the non-resumed driving group) and 41 healthy young adults in their 20s who underwent DS driving evaluation. The results showed that the healthy group was divided into two groups according to the brake operation. The comparison of the healthy subjects with the resumed and non-resumed groups showed that the resumed group had a higher correlation with the healthy subjects in speed adjustment. In addition, there was a difference in braking operation between the resumed group and the non-resumed group, whose speed adjustment was highly similar to that of the healthy group.
キーワード (和) ドライビングシミュレータ / 脳損傷者 / 自動車運転 / 運転再開 / リハビリテーション / / /  
(英) Driving simulator / Brain injury patient / Car driving / Resume driving / Rehabilitation / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 13, HI2022-16, pp. 29-32, 2022年3月.
資料番号 HI2022-16 
発行日 2022-03-16 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2022-03-23 - 2022-03-23 
開催地(和) オンライン 
開催地(英)  
テーマ(和) 視聴覚情報処理、視聴覚技術、ヒューマンインターフェース、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2022-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドライビングシミュレータを介した脳損傷患者の運転技能評価手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the evaluation method of driving skills for brain injury patients based on the driving simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドライビングシミュレータ / Driving simulator  
キーワード(2)(和/英) 脳損傷者 / Brain injury patient  
キーワード(3)(和/英) 自動車運転 / Car driving  
キーワード(4)(和/英) 運転再開 / Resume driving  
キーワード(5)(和/英) リハビリテーション / Rehabilitation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 竜之介 / Ryunosuke Hashimoto / ハシモト リュウノスケ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-23 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2022-16 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2022-03-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会