お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-27 14:25
ベースカラーとアクセントカラーによる感性モデルの構築
印部 勉安川和希加藤俊一中大
抄録 (和) グラフィックデザインを考案する際、配色は重要視されており、その組み合わせからデザインするケースが多い。また、我々はデザイン性の高いDM のイメージを可視化するため、配色パターンによる感性モデルの構築をしてきたが、アクセントカラーに関してはその定義が曖昧であり、どのような色を人がアクセントカラーとして判断しているかがはっきりしていない。そこで本稿ではDM を題材に、アクセントカラーとなる色の決定要因を検討、抽出し、アクセントカラーを取り入れたモデルの有効性について報告していく。 
(英) Color arrangement is considered to be a determined factor in graphic design. Base Colors and Accent Colors in Direct Message determine their overall image. But we have not clear mathematical definition of Accent Colors. This paper proposed mathematical definition of Accent Colors to given color arrangements. Based on this model, we can estimated the strength of the accent of the focal color. We adopt our model for printed materials such as Direct Message, and evaluated the efficacy of the estimation method.
キーワード (和) 感性モデル / ベースカラー / アクセントカラー / / / / /  
(英) KANSEI Modeling / Base Colors / Accent Colors / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 20, ME2011-60, pp. 31-34, 2011年5月.
資料番号 ME2011-60 
発行日 2011-05-20 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME AIT  
開催期間 2011-05-27 - 2011-05-27 
開催地(和) 龍谷大学 響都ホール 
開催地(英) Ryukoku University Avanti Kyoto Hall 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-05-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ベースカラーとアクセントカラーによる感性モデルの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Kansei Modeling on Base Colors and Accent Colors in Printed Materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感性モデル / KANSEI Modeling  
キーワード(2)(和/英) ベースカラー / Base Colors  
キーワード(3)(和/英) アクセントカラー / Accent Colors  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 印部 勉 / Tsutomu Imbe / インベ ツトム
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 和希 / Kazuki Yasukawa / ヤスカワ カズキ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 俊一 / Toshikazu Kato / カトウ トシカズ
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-27 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2011-60,ITE-AIT2011-52 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2011-05-20,ITE-AIT-2011-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会