お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-06-15 13:25
ハンド型ラジオマイクの運用を考慮したSARの解析
小郷直人池田哲臣濱住啓之NHK
抄録 (和) 特定ラジオマイクは主に番組制作,コンサート,舞台などで幅広く使用されている.現在,特定ラジオマイクをSAR(比吸収率)の規制対象とすることが議論されているが,今まで検討された例はなかった.本稿では,ハンド型ラジオマイクのアンテナをモデル化し,運用を考慮して人体胸部近傍にラジオマイクを設置したときのSARについて数値人体モデルを用いて検討した.その結果,運用上想定される設置条件で送信出力が50mWの場合,10g平均局所SARは最大でも0.2[W/kg]を下回ることを確認した. 
(英) The wireless microphone is used for television and radio program productions, concerts, stage dramas, and so on. The regulation of SAR for the wireless microphone is currently discussed; however, few studies have been performed concerning the SAR on the human body due to the wireless microphone. We designed a helical antenna with a metallic case as a handheld type of wireless microphones and calculated the SAR with a numerical model of the human body. From the results, we found that the peak of 10g average SAR on human body is lower than 0.2 [W/kg] when the output power of the antenna is 50mW.
キーワード (和) ラジオマイク / ヘリカルアンテナ / 数値人体モデル / 比吸収率 / 周波数移行 / ホワイトスペース / 1.2GHz帯 /  
(英) Wireless Microphone / Helical Antenna / Numerical Human-Body Model / Specific Absorption Rate (SAR) / Frequency Reorganization / White Space / 1.2GHz Band /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 23, BCT2012-53, pp. 5-8, 2012年6月.
資料番号 BCT2012-53 
発行日 2012-06-08 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2012-06-15 - 2012-06-15 
開催地(和) フジテレビ本社 
開催地(英) Fuji Television 
テーマ(和) 放送技術・番組制作技術、および一般 
テーマ(英) Broadcasting Technologies, Program Prodauction Technologies and etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2012-06-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハンド型ラジオマイクの運用を考慮したSARの解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of SAR due to Wireless Microphone Considering its Operation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ラジオマイク / Wireless Microphone  
キーワード(2)(和/英) ヘリカルアンテナ / Helical Antenna  
キーワード(3)(和/英) 数値人体モデル / Numerical Human-Body Model  
キーワード(4)(和/英) 比吸収率 / Specific Absorption Rate (SAR)  
キーワード(5)(和/英) 周波数移行 / Frequency Reorganization  
キーワード(6)(和/英) ホワイトスペース / White Space  
キーワード(7)(和/英) 1.2GHz帯 / 1.2GHz Band  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小郷 直人 / Naoto Kogo / コゴウ ナオト
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第2著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱住 啓之 / Hiroyuki Hamazumi / ハマズミ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-06-15 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2012-53 
巻番号(vol) 36 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数
発行日 2012-06-08 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会