お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-07-25 13:30
マルチユーザMIMO実験システムにおける伝搬路変動対策に関する一検討
田中利樹村田英一京大
抄録 (和) 無線システムの容量を向上させるための MIMO システムが研究されている.複数の移動局と通信するマ ルチユーザ MIMO システムにおいて,ユーザ間干渉を抑圧するためにプリコーディングが用いられる.プリコーディ ングには基地局と移動局間の CSI (Channel State Information) が必要であるが,このとき,伝搬路の時変動が問題と なる.CSI のフィードバック遅延などによる伝搬路推定誤差が生じるため,プリコーディング送信を行う時刻におけ る伝搬路を予測することによって,伝搬路の時変動による伝搬路推定誤差を抑える手法が検討されている.本稿では 屋内伝送実験によりリニアプリディクションによる受信特性改善効果を検討する.実験結果より,リニアプリディク ションを用いることで受信特性を改善できることを確認している. 
(英) Multiple-input multiple-output (MIMO) systems are studied to increase the capacity of wireless sys- tems. In a multi-user MIMO (MU-MIMO) system, precoding can eliminate inter-user interference when the perfect channel state information (CSI) is available at the base station. However, in time varying channels, the transmission performance of MU-MIMO systems is severely degraded because CSI is outdated due to feedback delay. In this paper, in-lab experiments of a channel predictor are conducted. The results show that with channel predictors, the transmission performance is improved in time varying channels.
キーワード (和) マルチユーザ MIMO / リニアプリディクション / LMS アルゴリズム / RLS アルゴリズム / / / /  
(英) Multi-user MIMO / Linear prediction / LMS algorithm / RLS algorithm / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 34, BCT2013-73, pp. 25-28, 2013年7月.
資料番号 BCT2013-73 
発行日 2013-07-18 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2013-07-25 - 2013-07-26 
開催地(和) 小樽市公会堂 
開催地(英)  
テーマ(和) 放送現業技術・送受信技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-07-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチユーザMIMO実験システムにおける伝搬路変動対策に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of multi-user MIMO experimental system in time-varying channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザ MIMO / Multi-user MIMO  
キーワード(2)(和/英) リニアプリディクション / Linear prediction  
キーワード(3)(和/英) LMS アルゴリズム / LMS algorithm  
キーワード(4)(和/英) RLS アルゴリズム / RLS algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 利樹 / Tosiki Tanaka / タナカ トシキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-07-25 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2013-73 
巻番号(vol) 37 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数
発行日 2013-07-18 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会