お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-29 17:10
[特別講演]ロードレース中継制作
小野田晴康テレビ朝日
抄録 (和) 2003年12月に地上デジタル放送が開始されコンテンツ制作はSDTVからHDTVにシフトしていったが、ロードレース中継のHDTV化はハードルが高かった。その理由は移動中継車からHDTV素材を伝送するためには、当時のARIB STD-B13による伝送方式では伝送容量が少なかったからである。これを解決する方法として、伝送容量を上げたARIB STD-B33準拠のデジタル方式800MHz帯FPUと、映像を高圧縮するH.264 CODECの登場でロードレース中継のHDTV化が可能になった。さらに多くの技術的な要素を加えて、現在ではシンプルで安定したロードレース中継を確立している。今回は、テレビ朝日のロードレース中継を例に様々な要素技術を報告する。
2012年4月に800MHz帯を含む周波数の割り当て計画が変更になり、現在放送事業者が使用している800MHz帯は、1.2GHz帯および2.3GHz帯の周波数に移行することが決まっている。講演では新周波数への移行に向けた取り組みについても紹介する。 
(英) In 2003, terrestrial digital HDTV broadcasting service started. Most of the TV programs were produced in HDTV. However, at that time there were some difficulties for broadcasting live road races in HDTV, as there wasn’t enough capacity to send the transmission in those days. We solved the problem of live broadcasting for road races by using a new transmission system. It uses ARIB STD-B33 digital 800MHz FPU and H. 264 CODEC. In addition to those technologies, we also use some other techniques to produce road race programs more simply and stably. We will introduce our method in this report.
According to the new frequency allocation plan, broadcasters are required to adjust their transmission frequencies for FPU equipment from 800MHz to 1.2 / 2.3GHz. We also continue to develop transmission techniques to adapt to the new frequencies.
キーワード (和) 800MHz / FPU / OFDM / ロードレース / 映像伝送 / 周波数移行 / /  
(英) 800MHz / FPU / OFDM / road race / transmission plan / new frequency allocation / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 5, BCT2014-20, pp. 77-79, 2014年1月.
資料番号 BCT2014-20 
発行日 2014-01-22 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2014-01-29 - 2014-01-30 
開催地(和) 長崎大学 
開催地(英) Nagasaki Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬における学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2014-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ロードレース中継制作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The production engineering plans for road races 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 800MHz / 800MHz  
キーワード(2)(和/英) FPU / FPU  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) ロードレース / road race  
キーワード(5)(和/英) 映像伝送 / transmission plan  
キーワード(6)(和/英) 周波数移行 / new frequency allocation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野田 晴康 / Haruyasu Onoda / オノダ ハルヤス
第1著者 所属(和/英) テレビ朝日 (略称: テレビ朝日)
tv asahi corporation (略称: tv asahi corporation)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-29 17:10:00 
発表時間 60 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2014-20 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.5 
ページ範囲 pp.77-79 
ページ数 ITE-3 
発行日 ITE-BCT-2014-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会