お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-22 12:15
深度カメラを用いた実時間姿勢追跡に基づく動的な空間型ARの実現
小林大祐橋本直己電通大
抄録 (和) 近年,実物体に映像投影を行うことで,物体の見た目をリアルに変化させる空間型拡張現実感(Spatial Augmented Reality, SAR)が注目されている.一般的なSARでは,事前計測された静止物体を対象とするものが多く,動く物体を対象とする場合には,その位置・姿勢計測が求められる.しかし,位置センサ等は対象物体の見た目に影響を与え,また,カメラを用いた色情報による物体認識手法は,投影光による影響のために十分に機能しない.そこで本研究では,投影光の影響を受けない深度カメラから得られる点群データと,事前計測した3次元形状情報のみを用いて,対象物体の高精度な実時間追跡を可能にすることで,様々な物体に対する動的なSARを実現する. 
(英) Recently, spatial augmented reality (SAR) have been used as a method of editing appearance of real objects by using a projector. In general SAR approaches, stationary objects measured beforehand are often used, and pose estimation is required in case of moving objects. However, attaching motion sensors give artifact to their appearance, and embedding sensors restrict target objects. And also, a pose estimation method with a RGB camera does not work because of projected light. Therefore, in this research, we propose a SAR system for dynamic objects by using previously measured 3D shape and dynamic point cloud data with a depth sensor. This method can achieve real-time and high precision position tracking, and provide SAR effects even on moving objects.
キーワード (和) 空間型AR / 物体追跡 / 3次元点群 / パーティクルフィルタ / / / /  
(英) Spatial Augmented Reality / Tracking / 3D Point Cloud / Particle Filter / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 9, ME2014-34, pp. 23-26, 2014年2月.
資料番号 ME2014-34 
発行日 2014-02-15 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2014-02-22 - 2014-02-22 
開催地(和) 関東学院大関内メディアセンタ 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2014-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深度カメラを用いた実時間姿勢追跡に基づく動的な空間型ARの実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Spatial Augmented Reality by Using Real-Time Object Tracking with a Depth Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間型AR / Spatial Augmented Reality  
キーワード(2)(和/英) 物体追跡 / Tracking  
キーワード(3)(和/英) 3次元点群 / 3D Point Cloud  
キーワード(4)(和/英) パーティクルフィルタ / Particle Filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 大祐 / Daisuke Kobayashi / コバヤシ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto /
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-22 12:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2014-34 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2014-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会