お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2015-01-30 09:40
可変長スタブを用いたマルチバンドRF回路設計法の試作評価
平田 淳田中高行豊田一彦佐賀大
抄録 (和) 本報告では,動作周波数帯域を切り替えることができるマルチバンドRF回路の新たな設計法を提案し,その試作回路の評価結果について報告する。提案する回路構成は,RF回路の入出力端子に可変長ショートスタブを装荷し,そのスタブ長を電気的に変えることにより動作周波数を切り替えようとするものである。ショートスタブはリアクタンス素子として動作するため,可変長スタブを装荷する前の規格化コンダクタンスを1とする必要がある。本稿ではまず,2バンド切替増幅器を例として,この規格化コンダクタンスを1とするためのプリマッチング回路の設計法について詳述し,PINダイオードスイッチを用いた可変長スタブの構成法を提案する。さらに,試作回路により0.8GHz帯と2GHz帯で動作帯域を切り替えることができることを示し,本設計法の妥当性を検証する。 
(英) In this paper, a new design method for multiband RF circuits which can switch their frequency bands is proposed. The simulated and measured results of the prototype circuit are also discussed. The proposed circuit employs two tunable shorted stubs attached at the input and output terminals of the RF circuit. The operating frequency bands of the RF circuit can be switched by changing the stub length. As the shorted stub acts as a reactive element, the normalized input/output impedances of the active device must be converted to the normalized conductance of by pre-matching networks. First, the pre-matching circuit design of a dual-band amplifier is explained in detail as an example, and a practical configuration of the tunable shorted stub using a PIN diode switch is also proposed. Finally, a prototype circuit which switches its operation bands between 0.8 and 2.0 GHz is demonstrated to verify the proposed design method.
キーワード (和) 可変長スタブ / マルチバンド / 増幅器 / / / / /  
(英) Tunable shorted stub / Multiband / Amplifire / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 39, no. 4, BCT2015-16, pp. 65-68, 2015年1月.
資料番号 BCT2015-16 
発行日 2015-01-22 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2015-01-29 - 2015-01-30 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) アンテナ伝搬における学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2015-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変長スタブを用いたマルチバンドRF回路設計法の試作評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype Evaluation of a Design Method Using Tunable Shorted Stubs for Multiband RF Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可変長スタブ / Tunable shorted stub  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド / Multiband  
キーワード(3)(和/英) 増幅器 / Amplifire  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 淳 / Hirata Jun / ヒラタ ジュン
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 高行 / Tanaka Takayuki / タナカ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 一彦 / Toyoda Ichihiko / トヨダ イチヒコ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2015-01-30 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2015-16 
巻番号(vol) ITE-39 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2015-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会