お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-28 15:45
8K HDRライブ制作 ~ 映像制作システムの構築と試行 ~
小出大一山下誉行船津良平白井規之池田善敬西田幸博池田哲臣NHK
抄録 (和) 4K, 8K放送で使用される高ダイナミックレンジ (high dynamic range, HDR) 映像方式の一つであるハイブリッド・ログ・ガンマ (Hybrid Log-Gamma, HLG) 方式を適用した8K HDRライブ映像制作実験を行った.HLG方式の光電気変換関数を適用した複数の8Kカメラ,HLGの電気光変換関数を適用した8K HDRディスプレー,既存の8K映像制作機器(映像スイッチャー,記録再生装置,文字スーパー発生装置)からなる制作システムを構築し,屋内外の人物を含む被写体を対象としたライブ制作実験を行った.8KにおけるHDRの効果を確認すると共に, HLG方式によるHDRライブ制作システムを容易に構築できることを示した. 
(英) We constructed a live-program-production system for 8K with high dynamic range (HDR) using Hybrid Log-Gamma (HLG) format which will be used for 4K and 8K broadcasting. The system was composed of 8K HDR cameras applied an HLG opto-electronic transfer function (OETF), an 8K HDR displays applied an HLG electro-optical transfer function (EOTF), and pieces of existing equipment for 8K program production including a video switcher, a recorder, and a character super-imposer. We used the system to experimentally produce live programs including indoor and outdoor scenes with a person. The results indicate the effectiveness of 8K HDR and the feasibility of implementing an HLG-based HDR live-program-production system without difficulties.
キーワード (和) 8K放送 / 高ダイナミックレンジ(HDR) / ハイブリッド・ログ・ガンマ / ライブ制作 / / / /  
(英) 8K Broadcasting / high dynamic range / HDR / Hybrid Log-Gamma / Live program production / UHDTV / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 23, BCT2016-58, pp. 21-24, 2016年7月.
資料番号 BCT2016-58 
発行日 2016-07-21 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT HOKKAIDO  
開催期間 2016-07-28 - 2016-07-29 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 放送現業技術、送受信技術、および一般 
テーマ(英) Broadcast Operating Technologies, Transmission & Reception Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2016-07-BCT-BT-HOKKAIDO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 8K HDRライブ制作 
サブタイトル(和) 映像制作システムの構築と試行 
タイトル(英) 8K UHDTV-HDR Live Program Production 
サブタイトル(英) Prototype System and Trial Production 
キーワード(1)(和/英) 8K放送 / 8K Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 高ダイナミックレンジ(HDR) / high dynamic range  
キーワード(3)(和/英) ハイブリッド・ログ・ガンマ / HDR  
キーワード(4)(和/英) ライブ制作 / Hybrid Log-Gamma  
キーワード(5)(和/英) / Live program production  
キーワード(6)(和/英) / UHDTV  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 大一 / Daiichi Koide / こいで だいいち
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 誉行 / Takayuki Yamashita / やました たかゆき
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 船津 良平 / Ryohei Funatsu / ふなつ りょうへい
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 規之 / Noriyuki Shirai / しらい のりゆき
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 善敬 / Yoshitaka Ikeda / いけだ よしたか
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 幸博 / Yukihiro Nishida / にしだ ゆきひろ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / いけだ てつおみ
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-28 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2016-58 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2016-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会