お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 13:30
MIMO-OFDM通信のためのハードウェア化に向けたMMSE法に基づく逐次干渉キャンセラを用いた低演算量最尤推定手法の検討
池下貴大渡辺大詩筒井 弘宮永喜一北大
抄録 (和) 本稿ではMIMO-OFDM通信におけるMLD (maximum likelihood detection)による
MIMO検出に掛かる演算量を,MMSE (minimum mean square error)および逐次干
渉キャンセラ(SIC: successive interference canceller)を用いて削減する手
法の検討を行う.MIMO通信では受信機においてストリーム間の信号干渉が起こ
るため,受信機で信号の分離が必要になる.一般的にZF (zero-forcing)法と
MMSE法が高速処理可能な線形検出手法として知られている.一方,精度の高い
検出手法として非線形検出手法であるMLDが知られている.しかし,MLDは考え
うる全ての候補に対して演算を行うため,アンテナ数や変調多値数が増加する
と非現実的な演算量になる.本稿では,線形検出であるMMSEとSICを用いてMLD
におけるシンボル候補数を削減する手法を提案する.QR分解を用いるK-best法
との比較を行った結果,K-best法より低い演算量でK-best法に勝るBER性能が
実現できることがわかった. 
(英) In this paper, we propose a computational cost reduction method for
the maximum likelihood detection (MLD) which is a nonlinear MIMO
detection method in MIMO-OFDM systems. The proposed method utilizes
the minimum mean square error (MMSE) detection method and the
successive interference canceller (SIC). In MIMO communication
systems, since interference between streams occurs at receivers, it is
necessary to separate the interfered signals at each
receiver. Zero-forcing (ZF) and MMSE are well known linear detection
methods that can separate the signals with reasonable processing
costs. As for nonlinear detection methods, the MLD can be regarded as
the most accurate detection method. However, since the MLD checks all
possible candidate symbol combinations, the computational cost depends
on the number of antennas and the modulation levels, and the cost
might be enormous as the antenna number and the modulation levels
increase. Motivated by this, in this paper, we propose a method to
reduce the symbol combinations in MLD using linear detection method,
MMSE, and SIC. We compared the proposed method with the K-best method
which utilizes QR decomposition to reduce the computational cost in
MLD. The experimental results show that the proposed method archives
better BER performance with lower computational cost compared to the
K-best method.
キーワード (和) MIMO検出 / MLD / successive interference canceller / MMSE / / / /  
(英) MIMO detection / MLD / successive interference canceller / MMSE / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 11, BCT2018-44, pp. 25-28, 2018年3月.
資料番号 BCT2018-44 
発行日 2018-03-02 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2018-03-09 - 2018-03-09 
開催地(和) 平良港ターミナルビル(宮古島) 
開催地(英) Hirara-Port-Terminal Bldg.(Miyako Island) 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO-OFDM通信のためのハードウェア化に向けたMMSE法に基づく逐次干渉キャンセラを用いた低演算量最尤推定手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MMSE Based Low Complexity Maximum Likelihood Detection Using Successive Interference Canceller for MIMO-OFDM Hardware Implementation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO検出 / MIMO detection  
キーワード(2)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(3)(和/英) successive interference canceller / successive interference canceller  
キーワード(4)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池下 貴大 / Takahiro Ikeshita / イケシタ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 大詩 / Taishi Watanabe / ワタナベ タイシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 筒井 弘 / Hiroshi Tsutsui / ツツイ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮永 喜一 / Yoshikazu Miyanaga / ミヤナガ ヨシカズ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-44 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会