お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 13:00
[記念講演]次世代移動中継用FPUに向けた適応送信制御 4×4 TDD-SVD-MIMOシステムの開発
伊藤史人鵜澤史貴光山和彦居相直彦NHK
抄録 (和) 超高精細映像による次世代放送サービスであるスーパーハイビジョン (Super Hi-Vision, SHV) は,2016年に試験放送が開始され,2018年に本放送が開始される予定である.現在,SHVの番組制作設備の開発・整備が進んでおり,ロードレース等の移動中継に用いられる1.2 GHz/2.3 GHz帯のFPU (Field Pick-up Unit) においても,SHV映像伝送の実現が求められている.筆者らは,SHV映像伝送のための大容量化と番組制作に求められる高信頼性を両立するため,変動するチャネルの状態に応じて動的にビームフォーミングウェイトや変調方式,ターボ符号の符号化率を変更する適応送信制御4×4 TDD (Time Division Duplex) - SVD (Singular Value Decomposition) - MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) 方式を提案し,開発に取り組んできた.本報告では,提案システムの要素技術について解説し,従来FPUの伝送方式と比較して優れたBER特性が得られることを計算機シミュレーションにより示す.さらに,試作装置を用いた野外実験を行い,100 Mbps以上の伝送レートでSHV映像の移動伝送を実現した結果について報告する. 
(英) Super Hi-Vision (SHV) is the next generation broadcasting service using ultra high-definition videos. In Japan, the test broadcasting of SHV has already been started and the public broadcasting is scheduled to begin in 2018. Therefore, while the equipment for SHV program production is currently being developed, the 1.2-GHz/2.3-GHz wireless link system for live production of road races, called mobile relay FPU (Field Pick-up Unit), is also required to enable transmission of SHV video materials. In order to achieve both large capacity for SHV transmission and high reliability for live broadcasting of mobile relay FPUs, the authors have been researching a 4x4 TDD (Time Division Duplex) - SVD (Singular Value Decomposition) - MIMO (Multiple-Input Multiple-Output) system with adaptive transmission control which changes beam-forming weights, modulation schemes and coding rates of turbo codes in accordance with time-varying channel conditions. In this report, we describe underlying techniques of our proposed system and show that our proposed system can achieve better BER performance compared to that of conventional FPU by computer simulations. Furthermore, we report that our prototype realized mobile transmission of SHV live videos with a transmission rate of over 100 Mbps in outdoor field trial.
キーワード (和) 移動中継用FPU / 適応送信制御 / SVD-MIMO / TDD / SHV / 野外実験 / /  
(英) Mobile Relay FPU / Adaptive Transmission Control / SVD-MIMO / TDD / SHV / Outdoor Field Trial / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 11, BCT2018-43, pp. 21-24, 2018年3月.
資料番号 BCT2018-43 
発行日 2018-03-02 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2018-03-09 - 2018-03-09 
開催地(和) 平良港ターミナルビル(宮古島) 
開催地(英) Hirara-Port-Terminal Bldg.(Miyako Island) 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代移動中継用FPUに向けた適応送信制御 4×4 TDD-SVD-MIMOシステムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of 4x4 SVD-MIMO System with Adaptive Transmission Control for Next Generation Mobile Relay FPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動中継用FPU / Mobile Relay FPU  
キーワード(2)(和/英) 適応送信制御 / Adaptive Transmission Control  
キーワード(3)(和/英) SVD-MIMO / SVD-MIMO  
キーワード(4)(和/英) TDD / TDD  
キーワード(5)(和/英) SHV / SHV  
キーワード(6)(和/英) 野外実験 / Outdoor Field Trial  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 史人 / Fumito Ito / イトウ フミト
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
Science and Technology Research Laboratories, NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-43 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会