映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-27 13:10
[ポスター講演]Time-of-Flight距離画像計測の内視鏡応用におけるマルチパス成分の影響の検討
宮城亮太村上裕太香川景一郎安富啓太川人祥二静岡大
抄録 (和) 本研究では,我々が開発した時間分解CMOSイメージセンサを用いた,Time-of-Flight(ToF)距離画像計測の硬性内視鏡への応用を検討した.内視鏡手術では閉鎖環境において生体の3次元形状計測を行うため,多重反射や生体組織の散乱によるマルチパスの計測距離への影響が問題となる.そこで本研究では,閉鎖空間内にある被写体と,様々な材料に対するマルチパスの計測距離への影響を実測した. 
(英) In this study, we aim at applying time-of-flight(ToF) depth imaging to a rigid endoscope based on our time-resolved CMOS image sensor. In endoscopic surgery, three-dimensional shape measurement of a living body is performed in a closed environment, so that the measured distances have errors due to multipath effect such as multiple reflection and scattering of the living body. The influence on the distance of the multipath component due to the distance measurement of the object in the closed space and the subject of various substances was actually measured. As the fundamental study, the influence of the multipath by the closed space and materials was experimentally measured with our image sensor.
キーワード (和) 時間分解CMOSイメージセンサ / Time-of-Flight距離画像計測 / マルチパス / / / / /  
(英) Time-resolved CMOS image sensor / Time-of-flight depth imaging / Multipath / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 19, IST2018-32, pp. 5-8, 2018年6月.
資料番号 IST2018-32 
発行日 2018-06-20 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2018-06-27 - 2018-06-27 
開催地(和) 東京理大森戸記念館 
開催地(英) Tokyo Univ. Sci.-Morito-Kinenkan 
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英) Advanced Imaging systems and applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2018-06-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Time-of-Flight距離画像計測の内視鏡応用におけるマルチパス成分の影響の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of multipath effect in time-of-flight depth imaging for endoscopic applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 時間分解CMOSイメージセンサ / Time-resolved CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) Time-of-Flight距離画像計測 / Time-of-flight depth imaging  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / Multipath  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮城 亮太 / Ryota Miyagi / ミヤギ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 裕太 / Yuta Murakami / ムラカミ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 香川 景一郎 / Keiichiro Kagawa / カガワ ケイイチロウ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安富 啓太 / Keita Yasutomi / ヤストミ ケイタ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川人 祥二 / Shoji Kawahito / カワヒト ショウジ
第5著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-27 13:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2018-32 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2018-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会