お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-27 14:10
[ポスター講演]CTIA画素回路を用いた低感度/高感度出力可能なイメージセンサと出力接続による高DR画像の取得
今井陽太朗前川晋太郎大高俊徳浜本隆之東京理科大
抄録 (和) 感度の異なる2系統の信号を取得可能なイメージセンサにより得られる,出力特性に考慮した,高感度かつ高DR画像取得のための処理方式を提案する.取得信号の入射光量に対する出力画素値の特性を接続する事により,高感度と高DRの両立を図ることが可能である.しかしながら,2つの入出力特性は,線形な領域と非線形な領域を有するため,それぞれの非線形性を考慮する必要がある.本稿では,2つの入出力特性を線形領域と非線形領域に分割し,非線形領域に対して補正を施し接続を行う.この方式により得られた入出力特性と画像について評価を行い,提案方式の有効性を確認した. 
(英) We propose a processing method for high sensitivity and high DR image acquisition by considering output characteristics obtained by an image sensor that can obtain two separate signals with different sensitivities. By connecting the characteristics of the output pixel value to the incident light quantity of the obtained signal, it is possible to achieve both high sensitivity and high DR. However, since the two input / output characteristics have a linear region and a nonlinear region, it is necessary to consider each nonlinearity. In this paper, we divide two input / output characteristics into a linear region and a nonlinear region, and apply correction on a nonlinear region to make a connection. The input / output characteristics and images obtained by this method were evaluated, and the effectiveness of the proposed method was confirmed.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / 画素回路 / 高感度 / ダイナミックレンジ / / / /  
(英) CMOS image sensor / pixel circuit / high sensitivity / dynamic range / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 19, IST2018-39, pp. 33-36, 2018年6月.
資料番号 IST2018-39 
発行日 2018-06-20 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2018-06-27 - 2018-06-27 
開催地(和) 東京理大森戸記念館 
開催地(英) Tokyo Univ. Sci.-Morito-Kinenkan 
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英) Advanced Imaging systems and applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2018-06-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CTIA画素回路を用いた低感度/高感度出力可能なイメージセンサと出力接続による高DR画像の取得 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low sensitivity/high sensitivity output image sensor using CTIA pixel circuit and acquisition of high DR image by output connection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) 画素回路 / pixel circuit  
キーワード(3)(和/英) 高感度 / high sensitivity  
キーワード(4)(和/英) ダイナミックレンジ / dynamic range  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 陽太朗 / Yotaro Imai / イマイ ヨウタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 晋太郎 / Shintaro Maekawa / マエカワ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大高 俊徳 / Toshinori Ootaka / オオタカ トシノリ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-27 14:10:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2018-39 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2018-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会