映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-07 09:00
前庭動眼反射を考慮した初期聴覚モデルの考察と回路評価
池上高広池辺将之高前田伸也本村真人浅井哲也北大
抄録 (和) 本研究では聴覚を司る蝸牛において,前庭動眼反射モデルを考慮した上で,高域に雑音を印加した際に低域の音圧が上がって知覚されることを検証する.蝸牛が音の知覚を担う有毛細胞と,隣り合った有毛細胞同士の発火パルスを束ねる統合ニューロンとで構成される様子を前庭動眼反射モデルと同一であると捉え,単一の高域雑音を印加することで出力パルス数が増大することを回路実験により示した.これにより,高域の雑音が低域の聴感にコンプレッション効果をもたらす可能性を示した. 
(英) In this study, considering a vestiblio-ocular reflex model, we evaluate bass sound is perceived louder when treble noise is injected into the human cochlea. A cochlea consists of hair-cell arrays which perceives sound and some integration cells which integrate side-by-side hair-cells pulses. Based on the similarity to vestibulo-ocular reflex, the electronic circuit model demonstrated that a single treble noise increases the frequency of integrated pulses; we confirmed that the treble noise has possibility of compression effect of bass sound.
キーワード (和) 音声信号処理 / 音質評価 / 雑音 / 聴覚 / 蝸牛 / 有毛細胞 / 積分発火モデル / 前庭動眼反射  
(英) sound signal processing / sound quality evaluation / noise / auditory system / cochlea / hair-cell / integrate-and-fire model / vestibule-ocular reflex  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 25, IST2018-43, pp. 1-4, 2018年8月.
資料番号 IST2018-43 
発行日 2018-07-31 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST IEICE-ICD IEICE-SDM  
開催期間 2018-08-07 - 2018-08-09 
開催地(和) 北海道大学 M棟M151 
開催地(英) Hokkaido University M Bldg. M151 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路、低電圧/低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2018-08-IST-ICD-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 前庭動眼反射を考慮した初期聴覚モデルの考察と回路評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A model and circuit for an early auditory system based on vestibulo-ocular reflex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声信号処理 / sound signal processing  
キーワード(2)(和/英) 音質評価 / sound quality evaluation  
キーワード(3)(和/英) 雑音 / noise  
キーワード(4)(和/英) 聴覚 / auditory system  
キーワード(5)(和/英) 蝸牛 / cochlea  
キーワード(6)(和/英) 有毛細胞 / hair-cell  
キーワード(7)(和/英) 積分発火モデル / integrate-and-fire model  
キーワード(8)(和/英) 前庭動眼反射 / vestibule-ocular reflex  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池上 高広 / Tkahiro Ikegami / イケガミ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池辺 将之 / Masayuki Ikebe / イケベ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高前田 伸也 / Shinya Takamaeda / タカマエダ シンヤ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 本村 真人 / Masato Motomura / モトムラ マサト
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 哲也 / Tetsuya Asai / アサイ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-07 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2018-43 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.25 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2018-07-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会